So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

近況報告、というか 生存確認?(笑) [日々の生活と雑感]


お久しぶりでこざいます。
ここ1ヶ月あまりブログの更新をサボってしまいました。
別に入院したりケガをしたりしたわけではなく
純然たるサボりでございます m(_ _)m。

 頭のボケは若干進行したかも知れませんが(笑)。

3月の記事にも書きましたが、
4月から新しい職場に異動と相成りました。

文章にすると簡単ですが、還暦を超えてからの環境の変化には
さすがに適応に時間がかかるようで、未だに馴染めていないみたいです。

幸いにも、新しい職場の同僚の方たちは皆いい人ばかりなので
あとは私の問題ですかね。

定年後の再雇用で、勤務時間が減ったのはいいのですが
減った中で、与えられた分の仕事をこなさなければならないので
時間の配分というかやり繰りには苦労するようになりました。

実際、4月中はかなりの量の仕事を家に持ち帰ってこなしたり。
家の中でPCに向き合っていると
「なんで私は、もらってるお手当分以上の仕事をしているのだろう」
とか思ったりしましたが、ある程度は意地もあったかな。

職場が変わればゼロから出直し。
「今までどんなことをやってきたか」なんてのは全く関係なく、
「今の職場でどれだけのことができるのか」が問われる。

だから「今の私にはこれができます」というのを
早々に周囲の人々に示さなければ・・・ちょいと大げさに言えば、
そんな気持ちで4月の仕事に取り組んできました。

なので、4月中は精神的に余裕がほとんどなく
ブログの更新も全く行いませんでした。

もっとも、ブログの更新を全くしないなると
「かなり気分が楽になる」ということも分かってしまいましたが(笑)。

家に帰って夕食をとり、風呂上がりにビールを飲んで
そのまま寝てしまうというのがどんなにラクチンなことか(笑)。


待ちに待ったGWに入ると、仕事のことはほぼ100%忘れました。
ならば暇だったかというとそうでもなく、
けっこうプライベートでは忙しくしてました。

4月初旬に食器洗い乾燥機が壊れ(10年使ってましたから)、
GWに入ると早々に業者が来て交換工事に。

それから、4月から一人暮らしを始めた家人の元へ行って
いろいろ世話を焼いたり。

郊外の某巨大ショッピングモールに行って服を買ったり。

3月くらいから、かみさんが家の中の大掃除を始めていて、
GWに入ったらリビングの模様替えを思い立ち、
二人がかりで使わなくなった古い家具を撤去して、
粗大ゴミとしてクリーンセンターまで出しに行ったり。

その空いたスペースに新たに入れるのは本棚に決定。それは
家の中に大量に散乱している、私の ”積ん読本” を収納するため。
さっそくホームセンターで本棚セットを2組買い込んで
半日がかりで組み上げたり。

 ちなみにジ○イ○ル○田で売ってる本棚セットは
 組み立てにやや熟練を要するかな。
 次回はニ○リにしようと思ってる(笑)。

2ヶ月ぶりに実家へ行って、母親のご機嫌伺いをしてきたり。

GW中最大のイベントは、一家そろって銀座に繰り出して
ビアホールでたらふく飲み食いしたことかな。
なにせ、我が家ではGW中に一度も遠出をしなかったのでねぇ。
これくらいの散財は許されるかな、と。


とまあ慌ただしく過ごしている内に、
時代も平成から令和へと無事に移り変わり、
明日からはまた日常の生活が始まります。

ブログの更新をサボっている内に
読書記録を書くべき本も30冊を超えてしまい
ヤマト2202第七章の感想もどきもまだ一文字も書けてません。

”宿題” をたくさん抱えてはおりますが
5月以降は、やや余裕ができてくるはずなので
焦らずに徐々に平常運転に戻していこうと思います。

よろしければ、これからもこの駄文の山にお付き合い下さい。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ヤマト」続編製作決定 [アニメーション]

最後の出勤を翌日に控えた28日の夜、ネットを見ていたら
どうやら「ヤマト続編製作」が決定したらしい。
(ネットの噂ではけっこう前から言われてましたけどね)
「ヤマト2202」の劇場公開こそ終わりましたが、
TVでの最終話放映を前にしての発表でしたね。
いささかフライング気味ではないですかねぇ・・・

思い起こせば、「2202」の製作発表のときは
「嬉しい」という気持ちは
全くといっていいほど湧いてきませんでしたねぇ。
あれはもう3年くらい前のことでしたか・・・
なんと言っても私にとっては ”曰く付き” の、
あるいは ”鬼門” だった「さらば」のリメイクでしたから・・・

  結果的には「2202」を作ってもらって良かったですけどね・・・

今回の発表でもやっぱり「嬉しい」という気持ちは
ほとんど湧いてきませんでしたねぇ。

「2202」を以て、私の中のヤマトの物語は ”区切り” がついた、
そんな思いを抱いていましたから。

 もっとも、かみさんは喜ぶかな。
 また山ちゃんのデスラーに逢えるので(笑)。

そのうち続報が入ってくるでしょうから
またそのときに考えましょうかね。

願わくば、「ヤマト22XX(仮)」も
「作ってもらって良かった」ってなればいいのですが。


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:アニメ

退職の挨拶 [日々の生活と雑感]


さて、かねてよりこのブログでも触れてきましたが
貯まりに貯まっていた残務整理も27日には無事に全て終えました。

昨日(28日)は私用でちょいと遠出して参りましたが
本日(29日)、最後の出勤にいってきました。

思い起こせば38年前、大学を卒業してこの仕事に就いてより
不祥事を起こすこともなく、クビになることもなく(笑)
なんとか勤め上げることができました。

その間、支えてくれた家族と同僚たちには感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。

上司は・・・まあ、当たり外れはあったかな(笑)。
それでも、若い頃にへまをして落ち込んだときに
温かく励ましてくれた方もいましたし
大きなトラブルが発生した時に協力して頂いて
うまく乗り切ることができたこともありましたし、
やはり感謝しなければいけませんね。
ありがとうございました。

そして、このブログを開設してからの12年ほどの間、
閲覧に来て頂いた方、コメントを寄せて下さった方、そのすべてが
私にとってとても大きな励みとなりました。
ありがとうございました。


さて、最後の出勤日はあちこちに一言ずつ挨拶して
早々に帰ってきてしまおうと思ってたのですが
いざ顔を出すといろいろ細かい用件が出てきてなかなか・・・

それでも昼過ぎには家に帰りました。とは言っても
ヒマになったわけではなく、午後は引っ越しの手伝いです。
実は家人の一人が4月から一人暮らしをすることになり
家財道具を運ぶための運転手をやってました。

行った先での片付けやら生活の準備やらもけっこうな手間で
家に帰ってきたのは午後9時近く。
やっと食事を終えていまPCに向かってます。


というわけで最後の出勤の日を終えたのですが、
先日もらった辞令では退職の日付が3/31になってるので
それまで今の職場に籍はあるんでしょうねぇ。ということは、
今度の土日で何か問題を起こしたら大変なことになるのでしょうか・・・
この2日間、おとなしく過ごしましょう(笑)。


さて、4月からは新しい職場になるわけですが
心機一転、がんばりますのでよろしくお願いいたします。

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星編」を観てきました その3 [アニメーション]


※本編のネタバレはありません。

以前の記事にも書きましたが、私は今月末を以て今の職場を離れます。

それに伴い、残務処理やら身辺整理やらが降りかかってきているのですが
同時並行的に通常の仕事もしてます。

さらには、私のような輩に対して送別会とかも開いて頂いたりして
記念品やら花束なんぞもいくつかもらいました。

それに関してはホントにありがたい限りなのですが
なかなか自分の済ませるべきことに集中できません。

本来なら今日も出勤して、片付けに目処をつけたかったのですが
午前はニトリに、昼にはヤマダ電機にと買い物三昧。
さらには夕方から「ヤマト2202 第七章」を観に行ってしまいました。

ちなみに明日(日曜)は出張が入っているし、
月曜と木曜には別の用事が入ってしまっています。

いったいこんなことで大丈夫なのでしょうか・・・

下手をすると30日や31日になっても
職場で七転八倒している羽目になったりして(おいおい)。
・・・そうならないようにがんばります(神妙)。


さて、「ヤマト」です。
本体なら上記のように、観に行ける状況ではなかったのですが
かみさんが「どうしても映画館で観たい」とのたまうので
お付き合いすることに。
まあ私も息抜きをしなければ身が持ちませんので・・・
というのは言い訳ですね(笑)。
自分としても、できればもう一度映画館で観ておきたかったので
思い切って行ってしまいました。


場所はMOVIXさいたま。
さすがに4週目とあって、上映は17:00からの1日1回のみ。

でも、上映開始の50分ほど前に到着した時、
チケット売り場の掲示板では「残りわずか」ってなってましたし
実際に入ってみると、117席の小さなハコながら、
ほぼ満席だったように見受けました。

映画館では3度目、回数としては5回目の鑑賞です。
本編上映前の「あらすじ」のところから涙腺が緩んでしまうのは
前を同じなのですが、今回は山南艦長のくだりより前、
ズォーダーとサーベラーの会話あたりから・・・
トシのせいですかねえ・・・

終わった後、かみさんといろいろ話したのですが
ネタバレに関わることばかりなので割愛。

今回の戦果。4週目の入場特典。
20190323a.jpg
古代&雪、島、最終決戦仕様ヤマトの3点ですね。

残念ながら3週目の特典は入手し損ねました。

あと、クリアファイル七枚組。第一章~第七章までの名場面集ですね。
ちなみにかみさんが買ったものです。

20190323b.jpg
そのかみさん、

「28日の上映終了までにもう一回行きたいなあ」
なんぞと恐ろしいことを口にしております。

いやいやいや、そんなことしたら大変なことになるってば(戦慄)。

nice!(4)  コメント(10) 
共通テーマ:アニメ

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星編」感想・・・のようなもの その0 [アニメーション]


※致命的なネタバレはありませんが、
 ある意味この記事の文章自体がネタバレです(笑)。
 円盤の到着待ち、あるいはTV放映待ちの方はご注意ください。


ある男の話をさせてください。
どこにでもいる、ごく普通のヤマトファンです。

ヤマトを愛し、ヤマトが見せてくれた世界を愛し、
地球が滅亡の淵に立たされたときは、古代たちと一緒に
イスカンダルへの大航海をともに ”体験” した。

そして ”帰還” した後は、当時の皆さんがそうであったように、
学業に打ち込み、あるいは社会へ出て身を粉にして働いてきた。

”彼” が望んだのはただ一つ、
「ヤマト」という作品が、”彼” の心の中で
”青春時代の素晴らしき思い出” として輝きを保ち続けることです。

しかし、いわゆる「1974年のTV第1作」or「1977年の映画版第1作」が
大ヒットした後、「ヤマト」が置かれた状況は、それを許さなかった。

当然のように「続編」を望む声が出ました。
それに応えて制作陣が生み出した「さらば宇宙戦艦ヤマト」。
しかし、その結果は・・・・・・

1978年の夏、映画館で「さらば」を見た時の衝撃。

「第1作」のテーマをことごとく全否定したその内容に、
裏切られた・・・その思いは間違いなくあったでしょう。

しかし、いつかは「ヤマト」が、
往年の輝きを取り戻す日が来ることを信じて、
それ以降、切れ目無く作られ続けた ”続編群” からも
”彼” は目をそらすことなく、向き合ってきました。

結果的に、”彼” はすべてのヤマトとつきあうことになりました。
「ヤマト2」「新たなる旅立ち」「ヤマトよ永遠に」「ヤマトⅢ」
そして「完結編」、さらには「2520」「復活編」まで・・・

”ヤマトの復権” に貢献できるファンの一人でありたい、
という願いにかけて。

『これは私の観たいヤマトではない』と思いながらも
”ヤマトのために” と、”彼” は自分の心を裏切ってきた。

しかし、全ては裏目に出て・・・
結局 ”彼” は、「ヤマト」という作品から離れることになりました。

「宇宙戦艦ヤマト2199」という作品で「ヤマト」が再び
陽の目を見る地位に戻ってきたのは望外の喜びでしたが
それまでには実に38年という年月が必要でした。


”彼” は、私です。

”ヤマトの続編群” が見せる未来に裏切られ、
「ヤマト」から、大事な何かが失われるのを感じ続けていた。

「ヤマト」だ、という理由だけで映画館へ足を運び、
本当の「ヤマト」を願う自分を見失ってしまった。

プロデューサーN氏の打算が
”第1作&「さらば」の遺産” を食い潰してゆくのを予感しながら、
どこに向かうとも知れない「ヤマト」を追い続ける。

そんな過酷な時代を生きた無名の人間の一人だったのです。


そして、「さらば」から40年の時を超えて公開された「2202」。
『あらゆる予想を覆し、真実の ”ラスト” へ』と銘打たれた最終章。

その内容が、「私の観たかった彗星帝国編のラスト」だったか、
と問われれば、違うようにも思います。
私の期待していたものとは
必ずしも合致していなかったのは間違いないところでしょう。

しかし、最終章を映画館で観た時に私の頬を流れていた涙。
それが全てを語っています。
「私はこの結末を受け入れている」と。

そしてこうも思いました。
「受け入れることのできた結末を見せてくれてありがとう」と。


私は「2202」を評価することに引け目は感じません。

最終話における古代と雪を救うことで、私もまた救われたと思えました。
この(考えようによっては)愚かしい選択の先に、
もう一度、本当の「ヤマト」を取り戻せると信じられましたから。

このラストを酷評する人、全否定する人もいるでしょう。
でも、私は自分の心に従ってこの結末に一票を投じます。

私にとって、私の心の中にある「ヤマト」の ”復権” は
ここにあると思えたから。

nice!(4)  コメント(10) 
共通テーマ:アニメ
前の5件 | -