So-net無料ブログ作成
検索選択

バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 [読書・ミステリ]


バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 藤木 稟
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 文庫
評価:★★★

カソリックの総本山、バチカン市国。
世界中から寄せられてくる "奇跡" 発見の報に対して
その真偽を判別する調査機関『聖徒の座』。

そこに所属する「奇跡調査官」である
天才科学者の平賀と、その相棒で
古文書の読解と暗号解読の達人・ロベルト。
この神父二人の活躍を描くシリーズの第10弾。
長編としては9作目になる。


今度の舞台は日本、九州は天草だ。

海洋冒険家ロビンソンの乗るヨットは
太平洋を黒潮に乗って北上し、日本へ向かっていた。
しかしフィリピン沖で突如発生した巨大台風に巻き込まれて
ヨットは沈み、彼は海に投げ出される。
陸に向かって泳ぎながらも死を覚悟した彼の前に奇跡が現れる。
漆黒の海上にキリストの姿が現れたのだ。
奇跡に導かれて陸地にたどり着いた彼は
気を失う直前、黒髪をなびかせた天使を目撃する・・・

その二日後、ロビンソンのたどり着いた無人島に
大雪が降り、天空に巨大な十字架が浮かび上がった。
季節は7月、現地は30度近い気温だったにもかかわらず。

奇跡の報告を受けたバチカンは平賀とロベルトを九州・熊本へ派遣した。
地元イエズス会の神父たちと合流した二人は調査を開始するが
奇跡が起こったとされる無人島・神島には、
それ以外にも様々な怪異が目撃されていることが判明する。

この地には隠れキシリタンの信仰が
人知れず今なお生き残っており、さらには
"キリシタンの財宝" の在りかを示す暗号までも伝えられているという。


今回もなかなか壮大な "奇跡" を設定したものだ。
闇に光るキリスト像、天空に浮かぶ十字架、真夏に降る大雪・・・

ラストではもちろん "謎解き" があるのだが
いささか強引かつ無理がありそうな解釈も。
"大雪" なんてかなり偶然の要素が大きいし。

でもそれがあまり気にならなくなってきたのは
ここまでシリーズを読んできたせいか。

ま、この程度で腹を立てるような人は
そもそもここまでついてこない(笑)だろうし、
作者がどんどんぶち込んでくる意外な "仕掛け" を
笑いながら「すごいすごい」って楽しめる人が残ってるんだろう。

本シリーズを読むときはアタマを柔らかくして臨みましょう。
壮大かつスーパー伝奇なホラ話を楽しんだもの勝ちです。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

僕の光り輝く世界 [読書・ミステリ]


僕の光輝く世界 (講談社文庫)

僕の光輝く世界 (講談社文庫)

  • 作者: 山本 弘
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

SF作家としては星雲賞も受賞しているベテランである山本弘。
今回はミステリだけれど、
特殊な設定を取り入れたなかなかユニークな作品になってる。。

「第一話 黄金仮面は笑う」
主人公のオタク少年・高根沢光輝(こうき)は、
進学先の高校でいじめに遭い、橋から突き落とされてしまう。
後頭部を負傷した彼は、"アントン症候群" を発症する。
これは、失明してしまったにもかかわらず、
本人には通常通りに外部が "見える" ように知覚される症状のこと。
つまり彼の "視野" に映ってる "世界" は、
彼の脳が "つくりだした" ものになってしまったのだ。


"アントン症候群" というのは実在するものらしい(wikiにも載ってる)。
実際の患者さんの症状が本書の通りなのかはちょっと分からないが。

しかし本書のキモは、光輝の一人称で語られることだろう。
つまり彼の語る内容は、彼の "視野" で知覚されたことなので
本当のところはわからない。実際は全く異なることもあり得る。

例えば、光輝は搬送された病院で神無月夕(かんなづき・ゆう)という
"美少女" と出会うが、彼女の容姿もまた彼の脳がつくりだしたもの。
彼女が本当に "美少女" なのかはわからないわけだ。

つまり、彼は故意にではなく「間違った事実」を
語ってしまうことがあるわけで、いわば
故意ではない "叙述トリック" が成立してしまうということになる。

もっとも、この事実は第一話の早い段階で明かされるし、
その後の展開でも彼が "自分に見える世界" と "現実の世界" の
ギャップに戸惑う姿が何度も描写される。

むしろこの落差によって起こるハプニングやコミカルなシーンも
本書の楽しみの一つだろう。このへんはSF作家の本領だ。

ミステリとして見た場合、
「語り」に描かれたことと「現実」とが異なる可能性があることは
冒頭から分かっていることなので、
それを頭の中において読んでいるんだけど、それにもかかわらす
最後にうまく引っかかってしまったりする。
うーん、流石は山本弘。

本書は非情に特殊な状況下での物語なのだが
特殊状況なりのルールがしっかりとあり、
そのルールに則って推理が展開され、解決に至る。
見ようによってはSFミステリの一種とも言えるだろう。


「第二話 少女は壁に消える」
夕とつきあい始めた光輝は、彼女を自宅に招く。
しかしそこへ突然光輝の姉が帰宅してきて・・・

「第三話 世界は夏の朝に終わる」
光輝の姉が高校時代の友人たちとの飲み会に出かけてしまった。
一人残った光輝だが、その夜に発生した大地震によって
姉が帰宅できなくなり、光輝はひとりぼっちになってしまうが・・・

「第四話 幽霊はわらべ歌をささやく」
光輝と組んで作家になりたいといいだした夕。
二人は伝手を辿り、同じ町内に住む
ミステリ作家・鰍沢将(かじかざわ・しょう)に会いに行く。
弟子入りをせがむ二人に鰍沢は条件を示す。
書きかけの小説『七地蔵島殺人事件』の原稿を見せ、
この小説の真相を当ててみろ、というのだが・・・
横溝正史ばりの世界が展開する作中作『七地蔵-』もお楽しみ。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

セーラー服と黙示録 [読書・ミステリ]


セーラー服と黙示録 (角川文庫)

セーラー服と黙示録 (角川文庫)

  • 作者: 古野 まほろ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/09/24
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

物語が展開される聖アリスガワ女学校は、
三河湾に浮かぶ孤島に建設されたカトリック系の女子高校だ。

本書は同じ作者の『天帝』シリーズなどと同じ
いわゆるパラレルワールドの日本を舞台とする。

実際、登場人物の一人である古野みづきは
『天帝』シリーズの主人公・古野まほろの妹である。

しかし聖アリスガワ女学校の実体は、普通の学校ではない。
なんと探偵養成学校なのだ。
この世界には『探偵士』という国家資格があり、
最高学府には「探偵学部」なんてものまで存在するのだから。

だからこの学校は、通常の授業科目以外に宗教系の科目はもちろん
探偵に必要な素養を学ぶ科目も多々設定されているのだ。

文部科学省から怒られないのかと思いきや、
なんとこの学校はヴァチカン市国が直々に設立したもので
なんと学園のある島は事実上の治外法権になっているという
トンデモナイ設定になってる(笑)。

なんでヴァチカンが探偵養成?と思うかも知れないが
実は学園設立の裏にはある目的があるのだ・・・


物語の語り手は高校2年生の島津今日子。
島津公爵家一族の端くれに連なる身である。
今日子の友人として登場する葉月茉莉衣、
そして古野みづきを加えた3人が探偵役となる。

時は12月、クリスマスを前に定期試験(3年生にとっては卒業試験)が
終わり、その結果が発表される。

そして、3年生の試験結果に今日子たちは驚く。
今まで常にトップを独走してきた三枝美保が二位になり、
万年二位だった紙谷伸子が首位を奪ったのだ。

そして美保と伸子は、上位二人だけに与えられる
「特別試験」に臨むことになるのだが、
その試験の最中、二人は密室状態下で殺害されてしまう・・・


文庫で330ページほどの作品なんだが
死体発見が200ページほど進んだあたりとかなり遅い。
それは、上にも書いたが学校の置かれた状況があまりにも特殊で、
しかもカリキュラムも特殊、当然教員も特殊、試験内容も特殊。
でてくるキャラクターもまた特殊な人たちばかりなので
そのあたりを説明したり紹介したりしているうちに
これくらい経ってしまうのだ(笑)。

もっともそこは達者な作者なので、
殺人に至るまでの部分も飽きさせることなく、面白く読ませるが。

事件が発生してからは、なぜか今日子たち3人が
謎解きをする羽目になるのだが
今日子は<フーダニット>、茉莉衣は<ホワイダニット>、
そしてみづきは<ハウダニット>と、それぞれ得意分野を持ち、
分担して真相に迫っていく過程も面白い。


しかしラストで明かされる真相は・・・。
たいていの人は「いくらなんでもこれはないだろう」
って思うだろうなあ・・・。

ただまあ、あまり腹が立たないのは不思議だが、
そこに至るまでの状況が特殊すぎて
感覚がおかしくなっていたからかも知れない(笑)。


このシリーズ、こんなふうなのが続くのなら困るなあ
・・・って思ったんだが、第2作を読んだら少し評価が変わった。

第2作は「ぐるりよざ殺人事件」といって
なんと文庫で700ページ近い大作。
この作品は、本作に輪をかけて特殊な状況下で事件が起こるんだが
その背後には、本作で登場した設定が大きなウエイトを占めている。

つまり、第1作である本書は「シリーズ全体の設定を説明する」のが
最大の目的なのかも知れないのだ。

「ぐるりよざ殺人事件」を第1作にすると、設定説明を含めて
1000ページくらいになってしまうからね(笑)。

それを回避するために、設定説明の部分を分離し、
作品として形にするために新たに殺人事件を付け加えて
一本の長編に仕上げたんじゃないか、って勝手に思っている。

そして、あまりにも "意外" な真相を提示することで
このシリーズが "普通のミステリ" ではない、ってことを
読者に印象づけているのではないかな。

そして「ぐるりよざ殺人事件」は、
それだけのことをするに値する出来になっていると思う。
こちらもそのうち記事に書く予定。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第三章60秒ver.予告編公開 [アニメーション]


早いもので暦は9月かあ・・・って思ったら来ましたねぇ。
第三章の予告編60秒ver.が。
いやあ今回もモノスゴイ情報量。かみ砕くのがたいへんそう。


例によって、見ながら思ったことを
とりとめも無く綴ってみましょうか。
台詞に関しては、私の聞き取り違いもあると思うので
違ってたら勘弁して下さい。
トシとってきて、聞き取りがかなり不得手になってきました。
もちろん、モスキート音なんてとっくの昔に聞こえなくなってる(笑)。

・初っぱなからの大帝ボイスにビビってしまいますね。
 古代と初の体面が実現。でも、ここに本人がいるのかなあ。
 3Dの通信映像だったりして。
 玉座の間といい今回の会見といい、ずいぶん高いところにおられます。
 高所恐怖症では大帝職は務まらないのでしょうねえ(笑)。
・「お前の愛が何を救い、何を殺すのか」不穏な台詞ですねえ。
 まあガトランティス編が不穏でない話になるはずがないのですが(笑)。
・「レギオネル・カノーネ、発射準備!」旋回雷撃砲のことでしょうか。
・続々と集結する大戦艦の群れ。イワシの大群とは言い得て妙。
・ディスプレイに振り下ろされる拳骨。斉藤ですかね。
 映っているのは英雄の丘の沖田像。
・「何でヤマトは撃たねぇんだよ、波動砲を!」
 斉藤からすれば当然の疑問でしょう。
・またまた新しい色と模様のゼルグード。いったい何隻あるのかな。
 乗ってるのは当然ガミラス人でしょうから、デスラー派かな。
・ナース姿の雪さん。下着姿のご披露はあるのでしょうか(期待)。
・島くんの優しいグーパンチ。古代に気合いを入れてるんですかね。
 航海長がアントニオ猪木でなくてよかった(えーっ)。
・新キャラのガミラス軍人ですね。誰に対して跪いてるんでしょうか。
 もしかして総統閣下?
・「反波動こうし」。格子かな光子かな。どっちにしろ
 神谷ボイスで言われると超重要アイテムに聞こえる不思議(笑)。
・透子さんがいるのはキーマンの背後でしょうかね。
 何やら曰くありげな眼差し。サーベラーさんの双子の妹説に一票。
・「覚悟って何なんですか!」古代くんの悩みは尽きない(笑)。
・土方さんはヤマト艦長になることで決定みたいですね。
 「ヤマトはこれより囮になる!」石塚ボイスも重々しくて好きです。
・主砲がどーんと吼えてタイトル登場。いやあカッコいいなあ。
・「だから人一倍怖れておる。愛する者が死にゆくことを」
 こんな台詞を言うくらいなのだから、
 大帝も人を愛したことがあるのでしょうかねぇ。
・第一艦橋クルーがみんな驚いてますが何を見てるんでしょう?
・ひさびさに雪のアップ。「ヤマトよ永遠に」の時と同じ衣装ですね。
・土方に続いてサーベラー、ザバイバル(?)、バルゼーなどのご紹介。
・謎の光に向かって飛ぶヤマト。どんな状況なんでしょうかね。
・惑星間弾道弾ですか。ここで再会(笑)できるとは思いませんでしたね。
 超外道な殲滅兵器ぶりも健在のようで。
・難民たちと一緒にどこかを歩く雪。あのガミラス少女イリィもいます。
 ここから「ヤマトは囮になる!」って土方の台詞につながるのかな。
・謎の大爆発を前にするヤマト。波動砲ですかね?
・艦長席に座る土方。「沖田、借りるぞ」は聞けますかね?
・主砲、パルスレーザーを撃ち続けて応戦するヤマト。
 パルスレーザーの色が変わって赤くなってたのに気づいたのは
 3回目に見たときだったよ(遅いだろー)。
・大帝「奴は撃たない。撃てるのに撃たんのだ」
 土方「いや、古代は撃つ!」
 かつての教え子にして将来は義理の息子ですからねえ。
 ここで撃たなかったら雪との結婚は白紙になってしまうぞ(笑)。
・溶岩(惑星間弾道弾のせい?)にまみれた惑星をバックに
 両弦からミサイルを発射するヤマト。ここは燃える。
・「古代!撃て!波動砲を!」叫ぶ斉藤。
 今回はヤマト艦内を冷やかしてまわる余裕はなさそう。
・ゼルグードとの対決再び!
 リメイクのヤマトは戦艦同士の "肉弾戦" が好きですねえ。
・「古代くんに選ばせない!」やさしげだけど儚げな表情の雪さん。
 やっぱり第二話の時が一番幸せだったのか。
・久しぶりに古代の「ユキィィィ!」を聞きましたねえ。
  気のせいか2199の頃より切羽詰まった感じが。
 向かう先は溶岩の惑星。ということは、
 雪たちはこの星の地表にいたのでしょうか。
 これで古代がヤマトを離れたので土方が指揮を執ってるのかな。
 予告編の映像は、時系列も意識的に入れ替えてると思うので
 どこがどうつながるのか余計によく分かりません。
・最後は大帝陛下の初笑い いやいや 高笑いに
 白色彗星がオーバーラップして〆。

ちまちま書いてたらけっこうな分量が書けてしまいましたねぇ。
それくらい情報量が多いということか。
このペースで詰め込んでいったら、同じ26話でも「ヤマト2」の
何倍の情報が入るのでしょうか。

第二章の時は作画がかなり遅れたと聞いたので、
果たして第三章は間に合うのかとても心配です。
製作スタッフはお盆休みは取れたのでしょうか。
仕事で帰省できなかった人もいたりするのでしょうか。
健康に気をつけてがんばってほしいものです。


あとは第三章の主題歌(EDテーマ)ですかね。
この発表は9月の下旬頃かなあ。

さて10月14日を目指して、また明日から頑張りますか。

nice!(4)  コメント(12) 
共通テーマ:アニメ

時をとめた少女 [読書・SF]


時をとめた少女 (ハヤカワ文庫SF)

時をとめた少女 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ロバート・F・ヤング
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

SFラブストーリーの達人ヤング。
日本独自編集による4冊目の短編集とのことだ。

本国アメリカではさほど評価されていない人のようだけど
日本には根強いファンがいる。私もその一人。

「わが愛はひとつ」
主人公フィリップは、出版した論文が原因で
いわれなき罪に問われ、100年間の人工冬眠刑に処せられる。
刑期を終え、目覚めた彼は100年後の世界で自らの故郷に向かう。
そこは、かつて最愛の妻ミランダと共に暮らした思い出の地だった・・・
"時を超える愛" を描かせたら右に出る者はないヤングの本領発揮。
SFを読み慣れた人ならオチは見当がついてしまうだろうし、
そしてベタなラストだけど、私は好きだよ、この結末。
本書の中でいちばん "ヤングらしさ" が味わえる一編。
私のイチオシである。

「妖精の棲む樹」
創元SF文庫のアンソロジーで既読。
鯨座オミクロン星で、植民者のために
樹木の伐採に従事する青年・ストロング。
1000フィートを越える巨樹に登りはじめた彼は
枝の上で"樹の精"を見つける。それは女性の姿をしていた・・・
開発と自然保護の相剋を描いて、皮肉なエンディングを迎える。

「時をとめた少女」
6月の朝、ロジャーは公園で赤いドレスのベッキーに出会う。
たちまちロジャーは彼女の虜となってしまう。
そして翌朝、今度は青いドレスのアレインと出会う。
彼女は、なぜかロジャーにデートに誘ってほしいと訴えるが・・・
二人の女性から取り合いになってしまうロジャーだが、
後手に回ったアレインが繰り出す逆転の秘策がスゴイ。

「花崗岩の女神」
乙女座アルファ星第4惑星に残された巨大な彫刻。
横たわった女性をかたどり、乳房部分は標高5000mを越える。
主人公マーテンはこの"乙女"の山脈を伝って登攀を続ける。
自分の人生を振り返りながら、そして母のことを想い出しながら。
全長数十kmに及ぶ "女体山"(文字通り)という
途方もないイメージは素直に凄いと思うが
ストーリー的には淡々と進むので今ひとつ物足りないかなあ。

「真鍮の都」
これも創元SF文庫のアンソロジーで既読。
歴史上の人物をさらってきてコピーロボットを作り、
本人は元の時代に帰す仕事をしているマーカス。
今回の仕事はシェヘラザードをさらってくるはずだったのだが・・・
これは後に長編化され、『宰相の二番目の娘』として邦訳も出てる。
ヒロインのカワイさが倍増してるこの長編版のほうがオススメ。
ブログの記事にも書いたので探してみて下さい(笑)。

「赤い小さな学校」
管理化された社会を描いたいわゆるディストピア小説。
舞台が都会でなく田舎なのも珍しいかな。
光瀬龍や眉村卓が書くジュブナイル的な雰囲気もあるけど
最後まで読むと、「少年ドラマシリーズ」(←知ってる人いるかなぁ)
の原作にはなれないのがわかる。

「約束の惑星」
国ごとに惑星を割り当てられるという移民計画が行われた。
しかし主人公レストンが操縦するポーランド人の移民船は
目的地ではない星へ不時着してしまう。
ポーランド人たちはその星で生活をはじめるが
ただ一人、レストンだけが異邦人であった。
それ以来、文化や習慣の壁に阻まれて孤独に暮らしてきた彼だが
40年の歳月の後、自らの人生の意味を見いだそうとしていた・・・
レストンの置かれた環境はあまりにも過酷だ。
長い年月を経て、本人は自分の葛藤に決着をつけたようだが
私だったら耐えられないだろうなあ。
本人は満足かもしれんが、あまりにも切なすぎ、
そして救いがなさ過ぎないか、この結末。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ: