So-net無料ブログ作成
読書・SF ブログトップ
前の10件 | -

行き先は特異点 年刊日本SF傑作選 [読書・SF]


行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 文庫
評価:★★★

2016年に国内で発表された短編SFから選ばれた19編と
第8回創元SF短編賞受賞作1編、計20編を収録。
今回で通算第10巻を達成したとのこと。
昔と比べてSFを読む分量が格段に減ってしまった私には
国内のSF作家さんたちの現状を知ることができる格好のガイドである。

とはいっても、SFにはさまざまなサブジャンルがあり
100人の作家がいれば100通りの語り口がある。
このアンソロジー・シリーズの第1巻の頃から感じていたことだが
自分がトシをとってきたせいか
理解できない、アタマにサッパリ入ってこない作家さんが増えてきた。
だから評価も「いい・悪い」ではなく「わかる・わからない」が
メインになってしまうという、いささか格好の悪いことに。
でもまあ、そういう風にしか
SFに接することができなくなりつつあるので仕方がないかなあ。


○理解できたし、面白いと感じた作品

「行き先は特異点」藤井太洋
スマートフォン、タブレット、ドローン、自動運転車・・・
現在進行形の超高度IT化社会のほんのちょっと未来の姿。
これならわかる(笑)。

「人形の国」弐瓶勉
漫画作品。遙かな遠未来、文明が崩壊しつつある大都市が舞台。
長編作品の前日譚とのことだが、本編を読みたくなる。
ちなみに「シドニアの騎士」「BLAME!」もこの人の作品。
「シドニア-」は大好きでアニメも見てた。三期やらないかなあ・・・

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」宮内悠介
悪性の脳腫瘍のために寝たきりだった父に起こった異変。
本作の内容とは関係ないが、私自身はタバコは吸わないのだけど
禁煙を強制するかのような最近の風潮に押しまくられる愛煙家の方には
ちょっぴり同情してる。

「性なる侵入」石黒正数
漫画作品。わずか8ページのドタバタ劇。
脱力もののオチなので “バカミス” ならぬ “バカSF” とでも言おうか。
でもこの作者、面白いなあ。もっと読んでみたくなった。

「悪夢はまだ終わらない」山本弘
児童小説を、というオファーで書いたらしいけどボツになったとのこと。
そりゃそうだろうなあ。特に小中学生には読ませられんだろこれ。
そうだね、よい子のみなさんは高校生になったら読んでみるといいかな。
いい意味で “SFショック” が味わえるかも。

「海の住人」山田胡瓜
漫画作品。人間型ロボット(ヒューマノイド)に
人間と同等の権利が与えられて、人間と共存している世界の物語。
短編読み切りシリーズのうちの1編なんだが
他の作品も読んでみたくなった。

「プテロス」上田早夕里
遠未来、遙かな異星での生態系を描いた直球ど真ん中のSF。
やっぱりこういうものも時には読みたくなるよねえ。


○理解はできたが面白さがわからない作品

「バベル・タワー」円城塔
この作者には珍しく、何が書いてあるのかはわかった(笑)。
ちょっぴり往年の筒井康隆みたいな感じを受けたけど
面白いかどうかまではよくわからん。

「幻影の攻勢」眉村卓
老境に入ると、SF作家というのはこんなことを考えるのかな・・・
という作品。内容は十分理解できるんだが
身につまされすぎて素直に「面白い」って言えない(笑)。

「太陽の側の島」高山羽根子
太平洋戦争中の、出征した夫と残された妻の間の往復書簡、
のように始まるのだが実は・・・という作品。
ただまあ、設定からして楽しい作品にはなりようもないので・・・

「玩具」小林泰三
なんと官能小説として書かれたらしい。たしかにエロい(笑)。
ラストはホラー。なんでこれがベストSFなのかはいささか疑問。

「古本屋の少女」秋永真琴(写真・スミダカズキ)
長編ファンタジーの導入部というかワンシーンという雰囲気。
これだけでこの作者さんを評価はできないなあ。
機会があったら長編を読んでみたい。

「洋服」飛浩隆(写真・スミダカズキ)
SFなのはわかるんだけど(笑)。

「二本の足で」倉田タカシ
“スパムメールが二本足で歩いてきたら” っていう発想はスゴいが。

「スティクニー備蓄基地」谷甲州
作者の代表作の一つ、《航空宇宙軍史》シリーズは
何冊か読んだんだけど、さほど面白いという印象がなかった。
本作はそれに続く《新・航空宇宙軍史》の1編。
ああ、“外惑星動乱” なんて懐かしい言葉だなあ・・・


○申し訳ないが私には理解できない作品

「点点点丸転転丸」諏訪哲史
お笑い芸人の一発ギャグみたい。

「鰻」北野勇作
これも官能小説として書かれたらしい。
たしかにエロいが私の趣味ではないので・・・(笑)。

「電波の武者」牧野修
ホラーなのはわかりますが、それ以外は理解不能。

「ブロッコリー神殿」酉島伝法
この人が日本SF界にあって、とびっきりの個性派なのは認めます。
でも、私には無理(笑)。


○第8回創元SF短編賞受賞作

「七十四秒の旋律と孤独」久永実木彦
人類が超光速航法を手にして、宇宙に広がった時代。
主人公は貨物宇宙船の警備ロボット・“紅葉”。
超光速航行中、宇宙船が高次空間にあるのは74秒間だが
人間はその時間を感知できない(一瞬に過ぎる)。
そのときを狙って襲ってくる、人工知性体による海賊行為から
船を守るのがその任務。
“紅葉” と人工知性体との74秒間の戦いを描くスペースオペラであり、
そしてSFに登場するロボットが総じてそうであるように
“紅葉” もまた実に健気で、オーソドックスなロボットSFでもある。
そういう意味では実にわかりやすいし素直に感動できるSF。
選評にあるように新鮮味には乏しいかもしれないが
私はこの作品は気に入ったよ。
今後が楽しみな作家さんになりそうである。

nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

つばき、時跳び [読書・SF]


つばき、時跳び (徳間文庫)

つばき、時跳び (徳間文庫)

  • 作者: 梶尾 真治
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2018/01/09
  • メディア: 文庫
評価:★★★★☆

主人公の井納惇(いのう・じゅん)は、サラリーマン生活の傍ら
書き上げた歴史小説が新人コンテストに入賞し、専業作家となった。

その頃、熊本に住んでいた祖父母が亡くなり、
惇は空き家となった祖父母宅に住むことになった。
そこは曾祖父が終戦後に買い取った「百椿庵(ひゃくちんあん)」と
呼ばれる江戸時代からある屋敷で、名前の通り肥後椿が咲き乱れていた。
そして、そこには「若い女性の幽霊が出る」という噂もあった。

「百椿庵」に住み始めて数日後、惇は仏間で着物姿の女性と遭遇する。
年齢は二十歳ほどで、「つばき」と名乗った彼女に
惇はすっかり魅せられてしまう。

彼はつばきと語り合ううち、彼女が百数十年を隔てた
幕末の時代からやって来たらしいことを知る。
その時代、彼女は「百椿庵」で "りょじんさん" と呼ばれる
藩の客人の世話をしていたらしい。

惇は「百椿庵」の屋根裏に怪しげな "からくり" を見つける。
この "からくり" が時を超える働きを持っているのではないか?
そして "りょじんさん" なる人物こそ、
この装置を使って過去の時代を訪れていたのではないか?
そして、つばきもまたこの "からくり" の働きで
未来に迷い込んでしまったのではないか?

つばきと共に「百椿庵」で暮らし始める惇。
未来の世界に驚き、あるいは怖がり、そして興味を示すつばき。
彼女の一挙手一投足が微笑ましく感じられ、
つばきと暮らす日々に例えようもない幸福を感じる惇だったが
ある日突然、つばきは過去の世界へと戻ってしまう。

つばきを失った惇は、彼女と再会したい一心で
屋根裏の "からくり" を操作しているうち、
今度は自分自身が幕末の時代へ跳んでしまう。

つばきとの再会を果たした惇は、彼女から "りょじんさん" の話を聞く。
彼はある日突然現れ、「百椿庵」でしばらく暮らした後、
忽然と姿を消した。その期間は40日に満たなかったという。
どうやら、本来属している時代から異なる時代にやって来た人間は、
その時代に滞在できる時間に限りがあるらしいことが分かってくる。

つばきと暮らせる幸せな時間にもやがて "終わり" が来る。
惇もまた、この時代に留まり続けることはできず、
現代へ強制的に戻されてしまうタイムリミットが訪れる・・・


文庫で400ページ近い作品だが、そのほとんどは
惇とつばきが二人で過ごす日々の描写である。
前半では現代に暮らす二人、後半では幕末で暮らす二人。

波瀾万丈なイベントはほとんど起こらず、
淡々と、と言っては語弊があるかも知れないが
二人が些細な日常を過ごしながら、お互いへの愛情を育んでいく様子が
ゆったりとした筆致で綴られていく。
そしてその愛情が深まるごとに、やがて来る "別れの時" が切なくなる。


作者はタイムトラベル・ロマンスの名手である。
本書でも、"時を超える愛" を真正面に掲げ、
150年の時を隔てた男女のラブ・ストーリーを語る。

愛し合いながらも別離の時を迎えてしまう二人。
彼らがどんな運命を辿るのかはネタバレになるので書かないけれど
二人の物語を最後まで読んできた人なら納得できる結末だろう。


本書の一番の魅力は、もちろんヒロインのつばきさんだろう。
彼女が惇に向ける思いは、誠実で一途そのもの。
男だったら、惚れない方がおかしいくらい
健気な女性として描かれているんだが、
いささか理想化されすぎているようにも思う。

まあ、幕末の時代の女性だからね。
古風で奥ゆかしく、何事も三歩下がって後ろを歩くような人。
女性から見たら「男にとっての願望充足キャラ」って感じる人もいるかも。

もっとも、そんなつばきさんだからこそ
惇くんも自分にとって "運命の女性" と思い定め、
必死になって "時の流れ" に抗おうとするのだし、
大多数の読者は、二人が幸せになることを願うのではないかなぁ。


つばきさんのキャラがすんなりと受け容れられる人ならば、
楽しい読書の時間を過ごせるのは間違いないだろう。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク [読書・SF]


真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)

真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)

  • 作者: 喜多 喜久
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/09/19
  • メディア: 文庫
評価:★★★

主人公は東王大学<超常現象研究会>に所属する1年生・星原俊平。
部長の天川(てんかわ)創一朗、先輩部員の月宮秋乃、
日野劉生(りゅうせい)ら3人と共に、謎の現象が起こっているとの
ネットの書き込みがあった冥加(みょうが)村へ調査に赴くことになる。
そこは俊平が小学校時代までを過ごした故郷でもあった。

到着した夜、実家のベランダから空を見ていた俊平は
謎の飛行物体を目撃する。
物体が落下したと思われる場所へ向かった俊平が見つけたものは
棺のような形をした漆黒の謎の物体だった。
そして、その中から現れたのは白い肌に金髪碧眼の美少女。

少女を保護して実家へ連れ帰るが、彼女は日本語を解しない様子。
身振り手振りで意思疎通を図るうち、
彼女は "ユーナ" と呼ばれることになった。

<超現研>の一行はユーナを伴って村の調査を始めるが
村はずれで人間の手首が発見されたとの報せが。
そこは、俊平がユーナを見つけた場所でもあった・・・


異星人(らしき)少女・ユーナとのファーストコンタクトSFであり、
彼女に恋してしまった俊平くんがひたすら頑張るラブコメでもあり
切断された手首の謎を解く本格ミステリでもあり、
そしてなにより、中学校時代のトラウマから、
オカルト・超常現象に対して心を閉ざしてしまっていた俊平くんが、
再び "不思議なものへの憧れ" を取り戻す "成長" の物語になっている。

ベースはSFなのだけど、手首の謎を巡る "犯人" は、
きっちりと論理的に導かれる。
もっとも、メインの謎であるところの
「なぜ犯人は手首を切断したのか」「なぜ手首だけ残していったのか」
この真相は本書ならではのユニークなもの。
詳しく書くとネタバレになってしまうのが歯がゆいが
SFもミステリも好きな人なら一読の価値があると思う。

SFで始まり、ミステリとして展開し、そのミステリが解決した後、
物語はSFとして終結を迎える。

俊平君に訪れたひと夏の "恋"。
「初恋は実らぬもの」と言われるけれど、
希望を残したエンディングが心地よい。

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

誤解するカド ファーストコンタクトSF傑作選 [読書・SF]


誤解するカド ファーストコンタクトSF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA ノ 4-101)

誤解するカド ファーストコンタクトSF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA ノ 4-101)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 文庫
評価:★★☆

ファーストコンタクトを扱ったSFアニメ『正解するカド』と
タイアップしたSFアンソロジー。
もっとも、私はこのアニメは未見。
これを機会に見てみようかなと思ってるんだが(笑)。

内容は、国内作品6編、海外作品4編を収録。


「関節話法」筒井康隆
たぶん20代の頃に読んだんじゃないかと思うんだけど
すっかり中身は忘れてた(笑)。
関節をポキポキ鳴らすことで会話する異星人との
交渉役を無茶振りされた男の苦闘を描く。
SFに執筆の重心を置いていた頃の筒井康隆らしい奇想が炸裂する。
本人が悲壮なまでに頑張れば頑張るほど喜劇的になってしまう展開は流石。

「コズミックロマンスカルテット with E」小川一水
他のアンソロジーで既読。
生命が存在する異星を目指して航行を続ける宇宙船。
乗組員は外交官の田村雅美(男性です)ただ一人。
ところがその宇宙船に美少女の姿をした謎の生命体が侵入、
田村に結婚を迫ってくるが・・・
ライトノベルによくありそうな異種婚姻譚の設定だが、
このあとの展開が予想できる人は少ないんじゃないかと思う。
終始笑いが絶えない、楽しいラブコメSFでもある。

「恒星間メテオロイド」野尻抱介
恒星間飛行が実用化された22世紀。
食料プラントの爆発事件の原因究明を依頼された
高木惣七と佐伯美佳の二人は、爆発を引き起こしたと思われる物体を
追跡して太陽系外へと向かうが・・・
ワープ航法は存在しないので、宇宙船は基本的に亜光速航行。
なので、1ヶ月の旅に出たつもりが地球では14年経ってるとかの
相対論的時間差が普通に存在する世界。
調査航行に行くたびに時間差が生じ、
やがて知人はみんな死んでしまうはずなんだが
二人はそれが仕事なのか気にしないようだ。
特に美佳さんが動じないのはすごい。
ガチガチのハードSFなんだが、主役二人の
まったりした雰囲気のおかげで堅さを感じさせない。

「消えた」ジョン・クロウリー
月軌道上に現れた巨大なマザーシップからやってきたのは
エルマーと呼ばれる異星人。
人間の家庭を訪ね、雑用をすすんで行ってくれる彼らの真の目的は不明。
何か見返りを要求するわけでもなく、ただ "善意チケット" と呼ばれる
アンケート用紙を差し出すだけだった・・・
ストーリーはわかるんだけど、
結局のところ作者は何を言いたかったのかよく分からない(笑)。
理解力がなくてスミマセン。

「タンディの物語」シオドア・スタージョン
主人公のタンディは、三人兄妹の真ん中の女の子。
兄のロビンと妹のノエルの間でもめ事ばかり起こしていた。
しかし、雨ざらしのぬいぐるみ・ブラウニーと出会った日から、
タンディは変わり始める・・・
SFといえばSFなんだが、ちょっと不気味なホラーな感じも受ける。

「ウーブ身重く横たわる」フィリップ・K・ディック
宇宙船の乗組員ピ-タースンは、ある星に立ち寄った際、
現地人からウーブという巨大な豚に似た生物を食料として買う。
しかし宇宙船が出発し、ウーブを調理しようとしたとき、
突然ウーブが語り出す。
「船長、他にも話し合うべきことがあると思うんだがね」
高度な知性を持つ豚を食料として買い込んでしまった船員たちは・・・
藤子・F・不二夫あたりが書きそうな話だなあって思いながら読んだ。

「イグノラムス・イグノラムビス」円城塔
やっぱり私のアタマでは
この人の作品を理解することはできないようです。

「はるかな響き Ein leiser Ton」飛浩隆
映画『2001年宇宙の旅』に登場する、人類の先祖に進化を促した
謎の黒い石版(モノリス)の正体に迫る・・・という作品なんだが
これもよく分かりません。

「わが愛しき娘たちよ」コニー・ウィリス
小惑星に建設された良家の子女向けの全寮制の学校で
一部の生徒が "テッセル" という謎の生物を飼い始める。
テッセルの正体はよく分からないんだが、これを飼うことによって
生徒たちにある変化が現れていく・・・
解説によると、発表時に賛否両論が巻き起こった問題作らしい。
じっくり読み込めば面白いのかも知れないが
ヒロインかつ語り手のタヴィが、あまりにも "あばずれ" 過ぎて
読み続けようという気力を削ぐこと夥しい。
内容を鑑みれば、この手法が効果的なのは分かる。
でも、オジサンにとってはこの手の女の子につき合うのは苦痛だなあ。
理屈ではわかっても感情が受け付けない。そういう作品もあるんです。

「第五の地平」野崎まど
他のアンソロジーで既読。
地球上をことごとく征服したチンギス・ハーンが
宇宙空間で生育する "宇宙草" の開発に成功、
太陽系内の黄道平面を "大平原" に変え、
さらなる版図の拡大を目指す・・・という途方もない展開。
まあ、「あり得ないような壮大な法螺話」ってのも
SFとしては "アリ" だと思うので、これはこれでいいんだが
ただ、それを面白がってくれる人がいるかどうかが問題。
私にとっては今ひとつだったかな。
あと、ふと思ったのだけどこれのどこが
ファーストコンタクトなんだろう?
解説では、編者の大森望氏が
「これはファーストコンタクトものの傑作です!」
って断言してるんだけど、私にはそう思えないんだよなあ。


大森氏が編んだアンソロジーを、今までにかなりの冊数読んできた。
前々から思ってたけど、アンソロジストとしての大森氏の評価基準は
私のそれとかなり異なるようだ。

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:

スター・ウォーズ フォースの覚醒 [読書・SF]


スター・ウォーズ フォースの覚醒 (講談社文庫)

スター・ウォーズ フォースの覚醒 (講談社文庫)

  • 作者: アラン・ディー・フォスター
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: 文庫
皆さんご存じのスペースオペラの金字塔、
映画「スター・ウォーズ」シリーズ第7作
「フォースの覚醒」のノベライズである。

著者名にはJ・J・エイブラムズやローレンス・カスダンなど
脚本執筆者が名を連ねているが
実際に小説化したのはアラン・D・フォスター。
懐かしいというか、40年前の第1作のノベライズも
彼の手によるものだから、ずっと第一線で活躍してたんだね。
たいしたものだ。

ストーリーは映画と同じなので割愛。
ノベライズの楽しみは映画ではカットされたシーンや
追加エピソードや設定の説明とかが読めることなんだが
本書はその辺の楽しみが少ない。
追加エピソードは、惑星ジャクーに墜落したタイ・ファイターから
ポー・ダメロンが脱出し、レジスタンスに生還した経緯くらい。
もちろん、登場人物の心理描写などは映画では分からないから、
そのあたりを楽しむことは充分にできるんだが。

あと感じたのは、ペース配分が悪いんじゃないかな・・・ってこと。
本書は文庫で約400ページあるんだが
終盤のクライマックスになるスターキラー基地の要塞砲破壊のために
ミレニアム・ファルコンが基地のある惑星に到着するのが
残り60ページほどのところ。
さらに、ハン・ソロとカイロ・レンが対決するのは残り20ページの時点。
レジスタンスのX・ファイターによる総攻撃、
フィンvsレン、レイvsレン、
レジスタンス基地でのルークの居場所特定、
そしてレイとルークの出会いが
わずか20ページで語られるのはちょっとせわしない気が。

映画と違って尺を気にする必要はない
(その代わりページ数に制約があるのかな?)のだから
このへんはじっくり書いてほしいなあ、って思った。


和製スペースオペラの代表作で、現在第四章までが公開されている
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(全七章構成)も、
皆川ゆかによるノベライズが刊行中だが、
こちらの書き込み具合を体験してしまったら、
本書はちょっと物足りなく感じる。

ヤマトネタついでに言えば、この小説版の中では
今回ファースト・オーダーが使用した要塞砲は
ビームを超空間(ハイペースペース)経由で飛ばし、
星系をまたいだ攻撃をすると説明されている。
思わず「おお、火焔直撃砲!」って呟いてしまったよ(笑)。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

宇宙探偵ノーグレイ [読書・SF]


宇宙探偵ノーグレイ (河出文庫)

宇宙探偵ノーグレイ (河出文庫)

  • 作者: 田中 啓文
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/11/07
  • メディア: 文庫
評価:★★☆

 

タイトル通り、様々な惑星で起こる事件を解決する
宇宙探偵ノーグレイの活躍を描く連作短編である。
SFミステリというよりはドタバタコメディに近い。
まあ、作者が作者だけにねぇ・・・


「怪獣惑星キンゴジ」
シャリドマン恒星系第四惑星キンゴジ。
巨大な土着生物(=怪獣)が跋扈するこの世界は、
ジュラシック・パークのように怪獣を観光資源として活用していた。
その「怪獣ランド」で謎の事件が起こる。
そこで飼われている最大生物であるガッドジラのうちの一頭が、
飼育棟の中で首を切断されて殺されていたのだ。
実は殺されたガッドジラには、ある秘密があった。
依頼のために赴いてきたノーグレイは、
捜査のためにとんでもない羽目に・・・
殺人ならぬ殺 "怪獣" 事件。犯人ならぬ犯 "怪獣" を見つけるために
ノーグレイは奮闘する。まあそれはいいんだが
他の怪獣の名前がアギンスラとかマダンとかってのは如何なものか。
ちなみに特撮界で「キンゴジ」といえば、
映画「キングコング対ゴジラ」(1962年)のこと。
キングギドラではないので念のタメ。

「天国惑星パライソ」
惑星パライソにある宗教国家ヘブン。
ここへ移住する者は財産をすべてお布施として寄付する。
さらに脳内に「リング」と呼ばれる装置を埋め込まれ、
これが "十戒" を強制的に守らせるのだという。
さらにこの星には天使にそっくりの土着生物までが飛び回っていた・・・
しかし、犯罪の存在しないこの世界で
続けて3人の人間が殺されてしまう。
ノーグレイはこの世界の意外な秘密を解き明かす。

「輪廻惑星テンショウ」
この惑星テンショウの地表では心霊現象が多発し、
人間がロケットで惑星を離れようとするとなぜか死んでしまう。
植民した人間がこの星の土着生物から知らされたのは、
この星では死んだ人間の "魂" が新生児に転生するということ。
どうやらこの星の持つ特殊な引力圏が、
ここを一種の "あの世" にしているらしい。
ノーグレイは、この星の国家主席に霊的攻撃を仕掛けてくるのは
誰の魂なのかを突き止めることになったのだが・・・

「芝居惑星エンゲッキ」
シキラヅカ星系の惑星エンゲッキは、星一つがまるごと劇場と化していた。
4歳以上の国民はすべて "演劇省" から配布される
脚本どおりに演技しなければならないのだ。
一日かけて脚本を覚え、"稽古場" で演出担当者から指導を受け、
翌日は一日中 "本番" を演じるのだ。
しかも町中には監視カメラを搭載したドローンが跳んでおり、
アドリブは許されない。
しかし、その演劇省脚本統括部の職員が殺されるという事件が起こる。
ノーグレイもまた、捜査にあたって脚本を渡されるが、
もちろんそんなことでは犯人は見つけられない・・・


実はここまでの4編では、ラストで共通してある "出来事" が起こる。
それは何故なのか、どうしてそんなことが可能なのか、
読者は訝しむと思うのだが、
その理由は最終話「猿の惑星チキュウ」で明かされる。


惑星の設定を考えて、事件の内容を考えて、いちおう(笑)ミステリなので
特殊な状況下でのみ成り立つ論理を考えて・・・と、
考えてみるとけっこうな手間である。
かなり割の合わないことなんだけど、これがこの作者の作風なんだよね。

そんな労力を傾けた割に、本書に感動したり感心したりする人は少なそう。
それどころか、あまりの荒唐無稽さに怒り出すような人がいそう、
でもまあ、そういう人はそもそもこの作者の本を手に取らないだろう(笑)。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

躯体上の翼 [読書・SF]


躯体上の翼 (創元SF文庫)

躯体上の翼 (創元SF文庫)

  • 作者: 結城 充考
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/07/28
  • メディア: 文庫
評価:★★☆

久しぶりに直球ど真ん中のSFを読んだ。

舞台は、文明が崩壊しつつある遠未来。
大都市は、とうに機能を失った炭素繊維構造体の塊と化し
人類はその隙間に細々と生き残っている。
タイトルにある「躯体」とは、この都市群のことだ。

一握りの特権階級の者たちは、軍隊・大企業とともに
最大勢力の<共和国>を構成し、他国の文化を滅ぼすために
"緑化政策" という名の細菌兵器による攻撃を繰り返していた。

主人公は、その攻撃飛行船団を防衛するために
遺伝子操作で作り出された人型の生物兵器・員(エン)。
超常の戦闘能力を持ち、数百年という時を
孤独の中で戦いに明け暮れて生きてきた彼女は
ある日、互聯網(ネット)の中で cy と名乗る人物に呼びかけられる。

やがて二人はわずかな文字数で意思を伝え合うようになる。
その量、わずか文字コード7個分である。
(作中では全角7文字分で表現されている)
長文を書き込むと、監視者によって削除されてしまうからだ。

豊かな知識をもつ彼との対話に喜びを見いだしていく員だったが
<共和国>による次の攻撃目標が cy のいる地であることを
知るにいたり、彼女はある決断をする。
すなわち、<共和国>に叛旗を翻し、
空中戦艦を含む211隻の大船団へ戦いを挑むことを・・・


とにかく、異形の未来世界の描写が圧倒的。
炭素繊維構造体の上空を飛翔する飛行船群。
生体兵器である員たちは、他の生物の遺伝子を取り込むことで
自らの身体を "変異" させて戦う。

そんな中にあって最たるものは、後半になって員の前に立ちはだかり
最大の敵となる "道仕(どうし)" だろう。
国家元首直属の軍師であり、船団が危機に陥ったときに
下載(ダウンロード)される。そのために、
船団には "記録用媒体" となる遺体まで積載されているという、
トンデモナイ設定だ。
その道仕の姿たるや、腐臭を放つ肉体を強化外骨格で覆うという
おどろおどろしい姿で、読者に強烈な印象を残す。

これに限らず、世界全体から感じるのは
メカニカルな硬質さではなく生物的な不気味さ。
ずっと昔に観たデヴィッド・リンチ監督の
映画「デューン/砂の惑星」をちょっと思いだしたよ。

何人かのサブキャラのエピソードも挿入されるが
本書の読みどころはもちろん、
圧倒的な物量の敵に挑む彼女の孤独で壮絶な戦いだろう。
文庫で280ページほどの本書の7割近くがそれで占められている。


身もフタもない言い方をすれば
"文通相手の男の子に、万難を排して会いに行く女の子の物語" である。
もっと言うなら
「人の恋路を邪魔する者は馬に蹴られて死んじまえ」というが
"誰も蹴ってくれないのならアタシが蹴りに行く" っていう女の子の話だ。

 本書のファンからは怒られてしまいそうな文章だなぁ・・・
 石を投げないでください m(_ _)m。

こう書いてしまうと分かりやすい話のようにも思うが
こういうモチーフがベースにあるが故に、
想像力の極限に挑むかのような異形の未来世界を舞台にした物語に
感情移入が可能になって読み続けられたのだろうとも思う。

 この絶望的な世界設定の中で、主人公の行動の動機付けまで
 理解できなかったら、たぶん私は途中で投げ出してしまっただろう。

そしてそういう物語を、こういう形のSFに仕立て上げてしまう作者も
たいしたものだ。ライトノベルの新人賞でデビューし、
ミステリ界での評価が高い人のようだが、こんな作品も書けるんだね。

とは言っても、その割に星の数が少ないのは、
この未来世界の描写が異質すぎて
いささかついて行くのがたいへんに感じたせい。
もしこの作品を、頭が柔らかかった20代の頃に読んでたら、
もっと高評価になったんじゃないかなぁとも感じた。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

深紅の碑文 上下 [読書・SF]


深紅の碑文(上) (ハヤカワ文庫JA)

深紅の碑文(上) (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 上田早夕里
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: 文庫
深紅の碑文(下) (ハヤカワ文庫JA)

深紅の碑文(下) (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 上田早夕里
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

文庫上下巻で1100ページ近いSF大作。

作者自ら《オーシャン・クロニクル・シリーズ》と
呼んでいる作品群の中の一編で、
長編『華竜の宮』の続編的位置づけになる。


舞台となるのは25世紀。
地球は、急激な地殻変動によって内部のホットプルームが上昇、
それによって海洋底が隆起し、海水面が260mも上昇してしまっている。

人類はその生活基盤のほとんどを失い、
高地に住む陸上民と海に生存の場を求めた海上民とに分かれた。

陸上民は、残された陸地のみならず海上都市をも建設し、
その科学技術をもって高度なネットワーク社会を構築していた。
一方、海と共生することを選んだ海上民は自らの遺伝子を改変し、
海上生活に適応した生態システムを手に入れていた。

しかし、乏しい資源や価値観の違いを巡って
両者は世界中で衝突を繰り返していた。

そして、IERA〈国際環境研究連合〉が擁する
環境シミュレータ〈シャドウランズ〉が驚くべき予測をはじき出す。
遅くとも、今後50年のうちに再び大地殻変動が起こり
地球は人類の生存できない環境へと激変するという。

そんな中、陸上民と海上民が平和的に共存するために
日夜、さまざまな組織との折衝に奔走する
外交官・青澄誠司(アオズミ・セイジ)の活躍を描いたのが
『華竜の宮』で、その<大異変>まであと50年を残した時点で
物語の幕は閉じられた。


本書では、その直後の時点から、<大異変>までの40年あまりの
出来事が綴られていく。

物語は主に3つの視点から語られる。

まずは前作から引き続き登場する青澄誠司。
外交官を退職した彼は海上民の救援組織<パンディオン>を設立、
その理事長として前作以上に海上民のために尽くしている。

二人目は、海上民の武装組織<ラブカ>のリーダー、ザフィール。
もともとは医師だったが、乗っていた舟が海上民に襲われたことを
きっかけに陸上民との武力衝突に巻き込まれ、
いつしか海上民の抵抗勢力を率いるようになっていく。

そして三人目はDSRD(深宇宙研究開発協会)のメンバー・星川ユイ。
彼女(というかDSRD)の目標は、恒星間宇宙船を建造すること。
しかし、地殻変動によって一度は滅亡の危機に瀕した地球に
宇宙へ進出する余力などなく、
宇宙開発技術の進歩は何世紀にもわたって停滞していた。


誠司は迫りくる<大異変>に備え、
海上民の収容所となる海上都市群の建設を目指していた。

しかし陸上民の了解を取り付けるためには、どうしても
"2つの人類" の和解が必要だった。

誠司は和解交渉のためにザフィールとの接触を試みるが
積年の恨みつらみが重なる彼らにその選択肢はありえない。

一方、ユイが関わる恒星間宇宙船の建造には
膨大な資金と資源を必要する。
しかも完成したとしても人は乗せない、というか乗れない。
載せるのは人類のすべての記録、そして生命の "種"、
そしてそれらを管理する人工知性体のみ。

しかし、この宇宙に人類が存在した証しを残し、
いつか理想的な惑星に到着したときには
そこで人類の再生を目指そう、という理念にユイは共鳴する。
しかし宇宙船建造計画は世界中からの厳しい非難に晒されるのだった。


前作『華竜の宮』と比べて、個人の描写が深くなったと思う。
誠司、ザフィール、ユイの "半生記" といった趣がある。

とくに誠司は、前作直後の40代で登場し、終盤では70代まで描かれる。
仕事人間だった誠司は、前作では全くといっていいほど
女性の影は無かったが、本作ではちょっぴり
"ロマンス" めいた描写もあって、
彼が決して木石ではなかったことがわかる(笑)。

ザフィールは自ら望んでリーダーの地位に就いたわけではなく
成り行きというかなし崩しというか、
いつの間にか周囲からトップに祭り上げられてしまうのだが
一度引き受ければ最後まで仲間を先導し続ける。

自分の進む道の終点には "破滅" しかないのは分かっているのに
それでも進むのをやめることができない。
後半の彼に感じるのは限りない悲哀だ。

ユイは幼少期から成年期までが描かれるが
一貫して宇宙への憧れ、そして宇宙船建造の夢を手放さない。

三者三様ではあるが、
みな理想に殉じて生きていくところが共通しているのだろう。


細かいところでは、短編『リリエンタールの末裔』に
登場したキャラがでてくる。

グライダーで空を飛ぶことに賭けた若者を描いたこの短編、
これは単独でも面白いのだけど
シリーズの中においてどんな位置づけにあるのか
今ひとつわからなかったんだけど、その疑問が氷解した。
そうかあ、こうつながるのかぁ・・・


恒星間宇宙船の動力としては、核融合エンジンが予定されていたが
<大異変>を乗り切るための人類のエネルギー源としても
核融合発電が必要となっていた。

しかし、人類の間には "核エネルギー" に関して
抜きがたいアレルギーもまた存在している。

しかし、宇宙船のためにも、人類の生き残りのためにも
核融合の技術を手にしなければならない。
そしてそのためには "実験" が必要になってくる。

このあたり、どう折り合いをつけていくかも読みどころの1つだろう。


誠司のパートナーとなる人工知性体・マキ。
『華竜の宮』では男性設定で、男性のボディだったが
本作では女性ボディに変更され、設定も女性に書き換えられている。
"彼女" もなかなか魅力的で
とても健気に誠司に尽くすところが素晴らしい。
もう惚れてしまいそうである(笑)


前作の時も書いたが、
「滅亡が迫りました」→「回避できました」
という安易な話ではない。

本書の最後でも<大異変>はすぐそこまで迫っており、
人類がそれを生き延びられる可能性は限りなくゼロに近い。

しかし、それでもなお "運命" に対して
抗い続ける人類の姿を作者は描きたかったのだろうし、
本作でそれをきっちりと描ききったとも思う。

あとは「人事を尽くして天命を待つ」のみだ。

作者は、<大異変>の時代を迎えた人類を描く構想もあるらしいので
いつの日か、さらなる "続編" が読めるのかも知れない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

機龍警察 自爆条項 [完全版] 上下 [読書・SF]


機龍警察 自爆条項〔完全版〕 上 (ハヤカワ文庫JA)

機龍警察 自爆条項〔完全版〕 上 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: Kindle版
機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下 (ハヤカワ文庫JA)

機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下 (ハヤカワ文庫JA)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: Kindle版
評価:★★★★

作者の出世作となった「機龍警察」シリーズ。
本書はその第2作に加筆・修正を施した[完全版]だ。

とは言っても、ストーリーの根幹は変更されていない。
個々のシーンの描写が厚くなったりしているらしいのだけど
実際、読んでいてどこがどう変わったのかは分からなかった(^^;)。
まあ、私の記憶力自体が当てならないからなあ・・・

ストーリー的には独立しているので、前作を読んでいなくても
楽しむことはできるけれども、前作の流れや一部の伏線を
引き継いでいる部分もあるので、
できたら第1作を読んでからの方が、より楽しめるだろう。

そしてもし、本書から読み始める(読み終わった)人がいるなら、
その後でいいからぜひ前作を読んでほしい。
前作におけるライザと緑の台詞や行動の意味が
より深く理解できるだろう。

以下の文章は、2年前に文庫で刊行された
旧版を読んだときに書いた記事に
若干の加筆・修正を施したものだ。


大量破壊兵器が衰退し、テロが蔓延する近未来。
それに伴って開発された人型近接戦闘兵器・機甲兵装が
市街地戦闘の主流となっていた。

 機甲兵装とは、アニメ『装甲騎兵ボトムズ』におけるATみたいな、
 簡単に言えば "ロボット型一人乗り戦車" のような兵器である。

警視庁特捜部も、テロリスト対策のために最新鋭の機甲兵装「龍機兵」を
3機導入し、その搭乗要員(パイロット)として3人の傭兵と契約した。

日本国籍を持つ姿俊之、
アイルランド人で元テロリストのライザ、
元ロシア警察のユーリ・オズノフ。
この3人は "警部待遇" で捜査にも加わることになる。

英語名は Special Investigation Police Dragoon。
犯罪者たちは彼らを「機龍警察」と呼んだ。

閉鎖的・保守的な警察組織の中で、彼ら3人と「龍機兵」は
"異物" であり、特捜部自体も他の部署との軋轢は避けられない。
しかしながら、機甲兵装を用いたテロ案件は次々に発生していく。

「機龍警察」は、テロリストという外敵はもちろん、
"警察組織" という内なる敵とも戦っていかなくてはならない。
そういう宿命を背負った部署なのである。

機甲兵装が大量に日本国内へ密輸された事件が発覚する。
それと時を同じくして、北アイルランドのテロ組織・IRFのメンバーが
大挙して入国したことも判明する。その中には、
最高幹部の一人である<詩人>と、凄腕のテロリストである
<猟師>・<墓守>・<踊子>の3人も含まれていた。

彼らの目的は2つ。

一つは、近く来日するイギリス政府高官サザートンの暗殺。

そしてもう一つは、「龍騎兵」の搭乗者・ライザの処刑。
彼女はかつてIRFに所属し、"ある事情" から組織を抜けていた。
IRFは彼女を "裏切者" として追っていたのだ。

しかし、IRFの潜伏先は容易につかめず、
サザートンの来日は目前に迫ってくる。

そしてなぜか、日本政府上層部から特捜部に対し、
不可解な捜査中止命令が下される。

そんなとき、日本国内に巣くう中国黒社会のメンバー・馮(フォン)が
特捜部に接触してくる・・・


本作では、ライザが実質的な主人公をつとめる。
物語は、IRFの足取りを追う特捜部と、
ライザの過去が章ごとに交互に描かれていく。

テロの嵐が吹き荒れる北アイルランドに育ち、
父親の死をきっかけとして<詩人>に導かれてIRFへ加入、
過酷な訓練を経て "殺人機械" へと成長していくライザ。

しかし、自ら手を下したテロによって、ある "報い" を受け、
組織からの脱走を決意する。

このあたりはけっこうな書き込みで、
初読の時は「ちょっと長いんじゃないか」って思ったんだが
今回は全然そんなことを感じさせなかった。
作者の語りのテクニックが上達したせいかもしれない。

この描写があることによって、ライザへの感情移入がより高まり、
クライマックスにおける<詩人>との対決が
いやが上にも盛り上がる伏線にもなっている。

IRFを抜けた彼女は生きる意味を見失い、
死に場所を求めるかのように戦いに中に身を投じる。
「龍騎兵」のパイロットとなったのもその流れに身を任せた果てだ。

他の二人のパイロットである姿とユーリをはじめ
登場人物がみな個性的で、キャラ立ちもバッチリなのだけど
特筆すべきは特捜部長の沖津だ。

沈着冷静にして頭脳明晰、つまはじきと圧力の総攻撃にさらされる
特捜部において、根回し・腹芸・駆け引きと、あらゆる手を用いて
外部や上層部と渡り合ううちに、いつのまにか
事態を自分の望む方向に導いていってしまう。

本作においては、IRFの<詩人>に対して、
さながらチェスの達人同士のように
相手の手の内を読みあう頭脳戦を繰り広げる。

そして、本作のもう一人のヒロインとも言うべきなのが
「龍騎兵」の技術主任(メカニック)担当の鈴石緑警部補。
彼女もIRFの引き起こしたテロ事件によって家族を失い、
天涯孤独の身となっていたことが本作で明かされる。

しかしそれはライザが直接手を下した事件ではなかった。
緑もそれは重々承知してはいるのだが
ライザに対して生じる憎しみを消すことはできない。

そして、「龍騎兵」の性能を究極まで引き出してくれるのも
またライザなのであった。

 本作を読んでから前作を読みかえすと、
 緑の示す言動にいちいち納得してしまう。

ライザと緑をつなぐのは「龍騎兵」という存在ただ一点。
決して相容れることのないはずの二人なのだが、
事件を通じてお互いの過去を知ったことにより
関係に変化が生じていく。

終盤における<詩人>との対決で、絶体絶命の危機に陥ったライザが、
無線を通じて緑と言葉を交わすシーンがある。
二人の心が一瞬ではあるが "重なる"、
ここまできたら、涙で文字が追えなくなってしまったよ・・・


前作と本作で、警察上層部や日本政府内には
犯罪組織とつながる巨大なネットワークが
存在することが示唆されている。

最終的に特捜部はこの<巨大な敵>と戦うことになるのだろう。
"ラスボス" との決戦がいつになるのかは分からないが
それまではこのシリーズを楽しませてもらおう。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

ふわふわの泉 [読書・SF]


ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)

ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 野尻 抱介
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/07/24
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

遙か昔に読んだパズル本『頭の体操』シリーズ。
当時、千葉大学教育学部助教授だった多湖輝先生が書いたものだけど
一時期、ハマってた時期があった。

その中にあった問題の1つにこんなのがあった。
なにぶん記憶が怪しいので細かい文言に間違いがあるかも知れないが
内容はあっていると思う。

問題:
風船にヘリウムガスを詰めたら、空気中をふわふわと上に昇っていった。
さて、この風船の中のヘリウムガスを全部抜いて真空にした。
中身が真空になっても、この風船は潰れないと仮定する。すると、
この "真空を詰めた" 風船を空気中で放したら、この風船はどうなるか?

分かる人には簡単な問題なのだろうけど、
当時の私は見事に引っかかってしまい、
てっきり「地面に向かって落ちる」って考えてしまった。

しかし答えはヘリウムガスの時と同じく「上に昇っていく」だった。
もっと言えば、へリウムガスの時よりも勢いよく昇っていくのだ。

ヘリウムガス入りの風船が上に昇るのは、
ヘリウムガスが空気よりも軽いからだ。

 ヘリウムガスにも重さがあるが、
 同じ体積の空気の重さよりも軽いのである。
 だいたいヘリウムは空気の1/7くらいの重さである。

そして、"真空" は何もない状態なので、重さはゼロだ。
すなわち、"真空" はヘリウムガスよりも軽いので
ヘリウムの時よりもさらに勢いよく空気中を昇っていくのである。

さらに言えば、"真空" よりも軽い状態は存在しない。当たり前だけど。


いささか前置きが長くなってしまったが、
本書を読み始めてすぐに、頭の中にこの問題の記憶が甦ってきた。

女子高生・浅倉泉は、浜松西高校化学部の部長をしていた。
文化祭を間近に控え、
化学部の後輩にしてただ一人の部員・保科昶(あきら)とともに
部の展示の一環としてフラーレンの合成を始めた。

フラーレンとは、炭素原子が
サッカーボールのように球状に結合した分子のことだ。

しかし折しも天候が急変し、彼女らが実験中の校舎を雷が直撃した。
衝撃から目覚めた二人の前にあったのは、"ふわふわ" の謎の物質。
その正体は「立方晶窒化炭素」。
原子数個分の超薄膜の状態でも
大気の圧力に耐える強度を持つ、驚異の新素材だった。

つまり、冒頭に掲げた「中身を真空にしてもつぶれない風船」を
この新素材なら作ることができるのだ。

ダイヤモンドよりも硬く、空気よりも軽いこの新素材を
超安価に製造する方法を確立した二人は、高校生のまま
会社を設立し、ビジネスの世界に打って出るのだが・・・


ストーリーは至ってシンプル。
彼女らの画期的な新発明が、
社会を、世界を、そして人間の思考をも変えていく。

しかし、"努力しないで生きていくこと" を人生の目標にしてきた泉は、
相棒の昶とともに、あくまでマイペースを貫いて、
二人が変えてきた(変えつつある)世界を生きていく。

昶くんは泉のよき相棒として行動する。
泉のアイデアを現実的なものに落とし込んで実現する。
二人は理想的な補完関係を築いていくのだが
それはあくまでビジネスパートナーに留まり、
人生のパートナーにはならないところも面白い。

もっとも、本書のラストで二人はまだ二十代なので、
このあとは分からないが(笑)。

ちょっと前に紹介した「南極点のピアピア動画」でもそうだったが
本書の終盤でも、 "ふわふわ" が
人類が宇宙へ進出するためのテクノロジーとして発展していく。

読んでいて感じたのは、ある種の懐かしさ。
SFの黎明期にあった、楽観的な未来像みたいなものが感じられる。

現実の世界を見ているとかなり悲観的になってしまうけど
せめてフィクションの中だけでも明るい未来が見たいじゃないか。

泉ちゃんは賢くてカワイイし、昶くんは健気で誠実だし、
そのほかに出てくるキャラたちもユニークで悪人はほぼゼロである。
SF好きな人なら、楽しい読書の時間を味わえるだろう。


ちなみに本書は2001年に発行されたものが
版元を変えて再刊されたものである。

「星雲賞」は、毎年行われる日本SF大会参加登録者の
投票(ファン投票)により選ばれた、
前年度に発表された優秀なSF作品に贈られる賞のことだが、
本書はその「星雲賞」の
第33回(対象は2001年発表の作品)日本部門を受賞している。
うん、納得の出来である。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書・SF ブログトップ