So-net無料ブログ作成

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章・発進篇を観てきました その2 [アニメーション]


※本編のネタバレはありません。

先週、「MOVIXさいたま」で観てきましたが
かみさんの「もう一回行きたい」との声に応えて
再び映画館へ行くことに。
もっとも、私も行きたかったので渡りに船でしたけどね。(^_^)v

「どうせ行くなら、大きなスクリーンのところに行きたい」とのご要望。
ならば、やっぱり新宿でしょう。
ヤマトの発進シーンも大画面で観たいしね。

ということで新宿ピカデリー、シアター1に決定。


一度は行ってみたいと思ってはいた映画館なんだけど
なにせ北関東の田舎に住んでるもんで新宿は遠い。

 かみさんは「あたしたちが住んでるのは南関東よ!」って
 言い張ってるが、正直微妙なところに住んでることは否めない(笑)。

でも、「いつかは」って思っているうちに
諸般の事情で行けなくなってしまうことも人生にはある。
というわけで昨日、無事に鑑賞して参りました

そして昨日は、バンダイビジュアルからBDが届く日だったのですけど
11時半を廻った頃、佐川急便で届きました。
配達時刻指定をしていなかったけど、
映画館に出発する前に届いて良かった。

 もっとも、前回の1巻は9時半頃には届いたんだけどね。

開封は映画を観た後と決めていたので、
包装も開けずにそのまま台所のテーブルの上に。

そんなこんなで夕方になりました。
上映開始に会わせていよいよ出発。

途中の乗り換え駅で、トイレに入ったかみさんが
誰かが置き忘れていったスマホを発見して駅員さんに届けたりとか
いろいろあったんだけど無事に新宿へ到着。

映画館までは5分ほどだけど、土曜の夕方なんで人が多い(笑)。
人混みをかき分けながら(笑)ピカデリーに着いて
チケットを発券したんだけど、まだ1時間弱くらいある。
そこで近くの紀伊国屋書店で時間調整。
そこで買ってしまったのがこの本。

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

  • 作者: 楠木新 著
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: 新書

旧作からのヤマトファンは、そろそろ
この言葉が実感される年代になったんじゃないですかねぇ。
(私も切実だったりするwww)


さて、開場時間も迫ったのでピカデリーへ引き返す。
ロビーには、おそらくヤマトのお客さんと思われる方々があふれてる。
夕食を兼ねてホッドドッグでも買おうと思ったら売店にも長蛇の列!
こりゃ間に合わないかなあ~と思ったのだけど
案外すいすい捌けていって、なんとか無事に上映開始前に入れました。
お客さんの入りは、満員とまではいかないけど
9割方は埋まってたんじゃないかなぁ。


やっぱり大きなスクリーンはいいねえ。
音響も素晴らしいし。もっと早く来れば良かったよ。

かみさんともいろいろ話したんだけど
ネタバレに引っかかりそうな内容もあったので
それはまた来週以降に。

さて、そこからまた延々と電車に揺られて帰って参りました。
流石に日付が変わったりはしなかったけど、家に着いたら流石にグッタリ。
それでもこれだけは済ませなければ。

Blu-rayの封印解除(笑)です。

2202-2f.jpg
第4話の絵コンテ集&シナリオ。
2202-2g.jpg
絵コンテ集の表紙はピンク尽くしの森雪嬢です。

風呂から上がったら、ビール片手にBD鑑賞と洒落込もうと
思ったのだけど、アルコールの周りが異常に速くて
そのまま寝てしまいました(笑)。やっぱトシですかねぇ。
だからまだBDは観てない。頑張って今夜、再チャレンジの予定。

第二週の入場者特典もしっかりゲット。
森雪さん&大帝陛下&ドレッドノート級主力戦艦ですね。

2202-2h.jpg

「今日の映画館、すっごい良かった。
 (ピカデリーに)もう一回くらい行きたいなぁ」
ってかみさんはのたまうんだけど、
スケジュール的にはけっこう厳しいなあ・・・

nice!(4)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ