So-net無料ブログ作成
検索選択

ガブリエルの猟犬 クラッシャージョウ13 [読書・SF]


ガブリエルの猟犬 (クラッシャージョウ13)

ガブリエルの猟犬 (クラッシャージョウ13)

  • 作者: 高千穂 遙
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

22世紀初頭に超光速(ワープ)航法を手にした人類は、
広く銀河に植民地を築き、版図を広げていった。
惑星改造などの任務を請け負ったのは、"クラッシャー" と呼ばれる
宇宙活動のスペシャリストたち。
非合法なこと以外は、どんな仕事でも引き受ける "何でも屋" だ。
数あるクラッシャーたちの中でもAAA級の評価を誇る、
クラッシャージョウとそのチームの活躍を描くスペースオペラ、
その最新作にして第13作。

前作『美神の饗宴』において、
銀河に巣くう犯罪組織やテロリストたちが
個人の技量においても、所有する兵器の性能においても
クラッシャーのそれを上回りつつあることを痛感したジョウは
1年間の "休職期間" を得て、
個人の交戦能力の向上と装備の更新に努めてきた。

 ジョウの世界もまた『サザエさん時空』(笑)の支配下にあると
 思ってたから、1年経っても大きな変化はないと思ってた。
 実際、彼らの外見や性格に変化があるわけではないし。
 でも、作中でのジョウの年齢が19歳から20歳になってたので
 時間はしっかり経ってることがわかった(笑)。ということは、
 彼は19歳の1年間で長編12冊分の仕事をしたということだね。

そして、"休職明け" の小手調べとして
カジノシップのハイジャック事件を解決したジョウのチームに、
新たな依頼が舞い込んできた。依頼者はカジノシップの親会社である
ゼラクト・ホールディングスのCEO、オルフェイス。

31年前、古代金貨を満載した貨物船が宇宙海賊に襲われた。
積み荷を強奪した海賊船は連合宇宙軍に追われ、
金貨とともに惑星フェアリーズガーデンへ不時着した。

しかしその惑星は、かつて地下資源を巡って
2つの惑星国家が戦争を起こした地だった。
双方ともに、AIを備えた無人兵器群を惑星に持ち込んだが
やがて兵器群は暴走を始め、自己進化を続けながら
お互いを殲滅するべく戦争を続けていて
人間が足を踏み入れることが出来ない危険な惑星となっていた。

無人兵器は "ガブリエルの猟犬"(悪霊と化した犬) と
呼ばれるようになり、何度か軍隊による掃討が試みられてきたが
全て失敗に終わっていた。

そんな "地獄の惑星" から古代金貨を完全回収するのが今回の依頼。
きわめて危険な任務だがジョウは受ける。
合法な仕事ならなんでも請け負う。それがクラッシャーだからだ。

しかしフェアリーズガーデンに着いた彼らを待っていたのは
前作にも登場した双子の美女・鈴鈴と蘭蘭。

さらに巨大犯罪組織ルーシファの親衛隊、
そして超絶的な格闘体術を誇る "亀獣(きじゅう)"、イ・ユウも
フェアリーガーデンに現れる。

"猟犬" が支配する惑星上で、古代金貨を巡って
クラッシャー、竜の一族、宇宙海賊、そして "超人" と
五つの勢力による戦いが展開する。


前作でいささか影の薄かったクラッシャーたちだが
1年間の "立て直し期間" を経て、準備万端の再登場だ。

今回読んでいて思ったのは、作者のストイックさ。

この手の小説の常として、登場人物の "背負った業(ごう)" とか
"戦う理由" とか、キャラ間の "愛憎" とかに描写が割かれるもの。
しかし、このシリーズはもともとその手のシーンが少ない。

 それはジュブナイルから始まったせいかも知れないし、
 作者の持ち味なのかも知れないが。

それが本書では必要最小限にまで切り詰められていて、
そのぶん、戦闘シーンにリソースが割かれている。
メカアクション主体のクラッシャーvs猟犬戦、親衛隊vs猟犬戦。
しかもクラッシャーと親衛隊では、猟犬に対して
繰り出す兵器を変えて差別化するという念の入りよう。

そして、カンフーに似た技の応酬が主体の
双子vs亀獣の格闘戦も "分厚く" 描かれ、
多彩な戦いが楽しめるSFアクション小説に徹している。

まさに「どこを切ってもスペースオペラ」な作品になっている。
難しいことを考えず、とにかく楽しい読書の時間を得たいなら
オススメの一冊になっていると思う。

後半になると、次作への伏線も張られてくるなど "引き" も怠りない。

第1巻から数えて今年で40周年になる作品だが
いまだ新作が楽しめるという希有なシリーズ。
高千穂さん、次巻も期待してます。

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 8

はねゆき

mojoさん、こんばんは。
クラッシャージョウ、続いているんですね。
私は、7巻の「美しき魔王」までしか読んで
ないんですよ、この間、映画のBDが出た時に
続きを読んでみようかと思ったのですが、
思っただけでした。
春のアニメ興行戦争の、成績は3番目でしたが一番楽しめた映画でした。この時はヤマト
には何の期待もしてなかったし、またデキも
ひどく(私見です)、高校生の最後の春休みで
ヤマトも終わったと実感したものでした。
すみません、脱線しました。
クラッシャージョウも新作アニメとしてみた
いですね、もちろん劇場版としてみたいです。mojoさんからは本を読みなさいと叱られそうですけど、それではまた。
by はねゆき (2017-08-04 22:31) 

mojo

鉄腕原子さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-08-05 00:29) 

mojo

31さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-08-05 00:29) 

mojo

middrinnさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-08-05 00:30) 

mojo

@ミックさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-08-05 00:30) 

mojo

はねゆきさん、こんばんは。

1巻「連帯惑星ピザンの危機」から6巻「人面魔獣の挑戦」までは
2年くらいの間にポンポンと出ましたけど
6巻と7巻「美しき魔王」の間は4年くらい空きましたねえ。
なかなか出なくてやきもきしてたのを想い出しました。

1983年の春の「アニメ興行戦争」についても、はねゆきさんと同じく
私もいちばん楽めたのは「クラッシャージョウ」でした。
「ヤマト完結編」については・・・まあこれは言わぬが花(笑)。

版元のソノラマ文庫は、ライトノベルの走りでしたが
2007年に消滅してしまいましたね。
「ジョウ」も早川書房に "移籍" して存続するなど
なかなか "波乱の人生" を歩んでますよねえ。

ご存じかと思いますが、現在はハヤカワ文庫でシリーズ全巻読めます。
特に1巻~8巻は、大幅に加筆修正された "決定版" になってます。

はねゆきさんも書かれましたが、
新作アニメで「クラッシャージョウ」を観たいですよねえ・・・
映画が難しいならOVAでもいいんですけど。

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
by mojo (2017-08-05 00:30) 

はねゆき

mojoさん、こんにちは。
クラッシャージョウなんですが、ハヤカワさんへ移籍したのは、知っていたのですが、加筆、修正されているのは知りませんでした、
興味をそそられて、近くのツ○ヤさんで探したのですが、最新巻しかないんですよ(地方の
書店はこんなものです。)迷った挙げ句買って
しまいました、一巻から揃え直すしかないかなぁ、今日購入した本、積んで終わらない様
がんばります。それではまた。
by はねゆき (2017-08-06 17:32) 

mojo

はねゆきさん、こんばんは。

地方の書店さんは苦戦してますよねえ。
私の近所のツ○ヤさんも、書籍売り場の面積が
じりじりと狭まってきていて、厳しい状況を感じます。

そもそも私が買う本がどちらかというとマイナーなものが多いせいか、
ここ2~3年は欲しい本が店頭で見つからないことが多くなりました。

ハヤカワ文庫や創元推理文庫の新刊が入荷しないのは
ある程度覚悟してますが(えーっ)、
最近は講談社文庫とか角川文庫とかの
メジャーな出版社の作品さえ新刊全点が並ぶことはありません。

したがって、店頭にない本はネットで購入するようになってきて
そのせいでなおさら店頭で買う頻度が減って・・・
これって負のスパイラルですよね。

私の実家から歩いて3分ほどの所にあった小さな本屋さんも、
独身時代はよく利用してたんですが数年前に廃業してしまいました。

地方の書店さんには、なんとか頑張ってほしいんですけどね・・・
by mojo (2017-08-06 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント