So-net無料ブログ作成
検索選択

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第二章 感想・・・のようなもの その1 [アニメーション]

※ネタバレ全開です。未見の方はご注意ください。

第3話「衝撃・コスモリバースの遺産」(前編)


■第十一番惑星

冒頭から土方提督の登場。対する相手はレドラウズ教授。
古代アケーリアス文明を研究しているらしい。
これはテレサとテレザード星の出自に関する伏線なのかしら。

ちなみにヤマトには珍しい非日本人キャラ。
「ヤマトⅢ」のサイモン教授以来かしら。CVは土師孝也さん。

 一般的には「ハリー・ポッター」のスネイプ先生で有名かな。
 私的には「蒼穹のファフナー」の溝口さんのイメージが一番強い。
 監督つながりでの起用かも。

土方は辺境惑星の司令官に左遷されてる模様。
上層部に楯突いたからですね。

窓辺にいるのは謎の美女・桂木透子。CVはなんと甲斐田裕子さん。
サーベラーと同じというのは当然何かの伏線でしょうねぇ。
ネットでは早速「黒サーベラー」とか言われてますけど、さて。
正体は今後のお楽しみですね。

斉藤も永倉とともに登場。「星巡る方舟」からの仲間も一緒ですね。

第十一番惑星は地球・ガミラス双方の入植者が仲良く暮らしてる様子。
地球では「ガミ公出ていけ」なんて落書きされてたし、
一般のガミラス人の中にも
「青くない肌」を見下す価値観の者も多く残ってるだろうから、
ここに住んでる人たちはどちらも宥和派なんでしょうね。


■ガトラン艦隊登場

指揮官はコズモダード。ナスカじゃないんですかね。
彼の台詞で第十一番惑星には人工太陽があることが判明。
なんだか旧シリーズ第1作のバラン星を思い出しますね。
たしかに普通だったら最果ての極低温惑星ですからね。
「手順は踏んだ」とは何を意味するのか。


■テレサの正体

ガミラス大使館でバレルからテレザード星のこと聞かされる古代。
「2202」でのテレサは反物質ではないけれど、
生身の人間でもないみたい。
精神文明の極度に発達したテレザード星の人々の
意識が高次元で集合しただとのこと。

 おお、こりゃ第6文明人ですね。
 テレサがヤマトに乗り込んだら波動防壁の強度が上がったり
 ショックカノンの威力が増したりするのかな(笑)。
 ヤマトがテレザードに到着する章は「接触篇」、
 クライマックスの第七章は「発動篇」で決まりですね(爆)。

 最終決戦で真田さんが戦死してしまったら、新見さんが
 「どうして、あたしの愛した人は、みんな死んじゃうのよぉ~!」
 って絶叫しそう。そんでもって雪が
 「みんな、星になってしまえ!」って呟くと
 都市帝国もヤマトも因果地平の彼方へ消えていってしまうわけですね。
 わかります(違)。

 すみません、ワルノリが過ぎました。

しかしこれじゃあ島とのロマンスはナシですかね。
続編を熱望していた鈴村さんがっかり?

ガトランティスの目的は、この宇宙に於いては万能となる
テレサの力を我がものとするため、と説明されるのだが・・・
本当のところはどうなのかな?


■雪と佐渡

佐渡の家を訪れる雪。
「2199」ではあまり接点がなかったかなと思ったんだけど
4年前の事故で入院したときの主治医が佐渡だったっけ?

このあたり、雪がヤマトに密航する伏線でしょう。
第三章のポスターでもMEDICの制服着てるみたいだし。


おまけ(かみさんとの会話)
「えー、雪って地球に残ったんじゃないの?」
「旧作ではヤマトに密航してたから、今回もそうじゃないかぁ」
「そうかぁ。さすがは女狐よねぇ。油断できないわぁ」
「またそんな、全国のヤマトファンを敵に回すような発言を・・・」


■反重力特異点

地球に降りた古代。
キーマンに連れて行かれたのは立ち入り禁止区域。
そこにあったのは反重力特異点と呼ばれる謎の空間。
時間の流れが外部の10倍の速さで進む場所。
地球政府はここに巨大軍需工場を建設して、
アンドロメダをはじめとした戦艦群を建造していた。

 うーん、「2202」が始まる前は、
 ガミラス製の全自動宇宙船建造ドックが
 静止衛星軌道上か月面にでも鎮座してるんじゃないか、
 な~んて予想してたんだけど、それを上回る設定ですねえ。

通常世界から見れば工期を1/10に短縮できるんだから、
そりゃバカスカ建造できるよなあ。

材料となる資源は、反重力特異点の使用権をガミラスにも与えて、
その代わりにガミラスが持てあましてる植民星をいくつか譲ってもらい、
それを活用している模様。

デスラー体制が崩壊して国内が混乱し、拡張政策を維持できないガミラス、
人口が1/3に激減してしまい、国力の回復&増強に邁進したい地球。
双方の思惑が一致しての密約。

旧作では「たった1年であんなに大量の戦艦を建造できるはずがない」
とか言われてたけど、その説明の為だけでなく、
地球の未来にも関わる設定になってるんだね。
そしてさらには、古代たちが地球を飛び出す原因にも。

このあたりについて考えたことは次回で。

(「後編」に続く)

nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 9

おか

mojo様 こんばんわ。
第2章、てんこ盛りですよね。
テレザートの話で私が気になったのは、なんか信仰くさい話しですが、
2199で新たに設定された、ガミラスの信仰の対象がイスカンダルという設定とどう折り合いをつけるんだろう、という点です。
時間断層の設定は旧作のご都合的な矛盾(?)を解消してくれてて、滅亡寸前まで追い込まれた地球人類が「喉元すぎれば」支配者に成り代わる、って言う現実でもありそうな、また損得だけを考えればあながち悪い話ではない、ってところが面白かったですが、そんな割り切った考えをしてしまうのは、年を重ねて私が「汚れちまった」からかもしれません。
by おか (2017-07-10 22:23) 

はねゆき

mojoさん、こんばんは。
リバースシンドロームについてちょっと
思ったことがあります。
1.イスカンダルはこうした副作用を知って
いたのか?知っていたらヤマトクルーに説明
がなかったのはなぜか。時間断層の話から
真田さんも知らないっぽいですし。
2.イスカンダルがこの副作用を把握してなかっとすれば、それはどうしてか。例えば、
イスカンダルの知らない所でコアである記憶
の変更があったから?(雪を助けるため古代守
はコスモリバースを起動させ、沖田艦長がこれを引き継いだ。)この時に何かバグができたっことはないですかね。
ただ自分で書いておいてなんか嫌なんですよ
イスカンダルがそんな不完全なものを寄与
したとは思えないし、古代守と沖田艦長の
互いへの信頼感がそんなバグをつくるはずが
ないと思いたい。なんだか1人でボケツッコミみたいになってしまいました。
それから奥様、森さんも朴念仁の古代の
せいで大変なんですから暖かい目で見てあげ
ましょうよ。
by はねゆき (2017-07-10 22:33) 

mojo

@ミックさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-07-10 22:55) 

mojo

middrinnさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-07-10 22:56) 

mojo

鉄腕原子さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-07-10 22:57) 

mojo

おかさん、こんばんは。

テレザートの話は、私はあまり気になりませんでした。

私の理解では、「多くの文明に、テレザートの伝承が残されている」
→「すべての文明にテレザートの伝承が残っているわけではない」

古代たちの言動からしても、地球の神話にも
テレザートのことは出ていないように思います。
ですからガミラスの神話や伝承にテレザートのことが出てこなくても
おかしくはないでしょう。

テレザート星の位置は、第6話の島の言葉からするに
天の川銀河の中にありそうで、ガミラスのある大マゼラン銀河とは
かなり離れていることも関係あるかも知れません。

もっとも、イスカンダルそのものが、
古代アケーリアス文明つながりで
テレザートと何らかの関わりがあるのかも知れませんし、
イスカンダル人はテレザートのことを知っているけど
あえてガミラスには教えていない、なんてこともあったりして。
(ガミラス人の宗教観をイスカンダルがコントロールしてる?)
そのあたりは、後の方の章で明かされるのかも知れません。

『地球人類が「喉元すぎれば」支配者に成り代わる』
まさに、私もそのことを考えました。
次回にupする「後編」にはそのあたりのことを書く予定です。

古代たちにとっては許せないことなのかも知れませんけど
ガミラスだガトランティスだと群雄割拠の戦国時代のような
ヤマト世界の大宇宙で地球が生き延びていくためには
現実的な道なのではないか、って私も思います。

私も「汚れて」ますかね(笑)。

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

by mojo (2017-07-11 00:12) 

mojo

はねゆきさん、こんばんは。

ムズカシイ質問ですねぇ。
答えになってないかも知れませんけど、
私なりに考えてみた結果は以下のとおりです。

1.イスカンダルはこうした副作用を知っていたのか?
知っていたらヤマトクルーに説明がなかったのはなぜか。
2.イスカンダルがこの副作用を把握してなかっとすれば、それはどうしてか。

イスカンダルは、っていうかスターシャは知らなかったんじゃないかなあ。
かつての文明の最盛期を過ぎ、人口も激減して3人しか残ってないわけで
当然ながら "失われた技術" も数多く存在するのでは。

コスモリバースシステムも、遙か昔の先祖が開発・製造したもので
新しく作り出すことはできず、ヤマトに渡したものも
現在まで残っているもの(在庫品?)だったのではと想像します。

スターシャ自身が技術者とは思えませんから、
詳しい動作原理や調整方法の微細な部分までは
伝えきれなかったんじゃないかなあ。

ですから、副作用もいろいろな原因が考えられます。

渡されたコスモリバースが古くて(笑)、
一部(ごくごく一部)に作動不良なところがあったのかも知れません。

イスカンダルから伝えられた説明に不備があったのかも知れません。
(何せ作った人はもういない)

製造したイスカンダル人ではなく地球人が扱っていたから
微調整がうまくいっていなかったのかも知れません。
 イスカンダルの技術を使って地球人が製造した波動エンジンだって
 当初はトラブルの連続でした。

遊星爆弾による環境破壊がコスモリバースシステムで復帰できるレベルを
越えていて、残されたところが変異してしまったのかも知れません。
 実際、翼くんが感染したように
 汚染物質はまだ各地に残っているようですし。

まあここまでくると、どうとでも理屈はつけられてしまいますけどね。

それに、反重力特異点は "副作用" だったのではなく
"仕様" だったのかもしれませんよ(笑)。
環境破壊の原因を1%の領域に押し込め、残り99%を解放する、みたいな。
そしてその押し込められた領域の時空に歪みが生じて特異点と化す、とか。

例えばHDDとかがクラッシュしたとき、復旧ツールが
「99%までは復旧できますが1%は利用できない領域になります」
ってメッセージを出したら
「100%利用できないよりは、1%は使えなくなっても
 99%復旧できる方がいいかなあ」
という選択をすることもあるのでは。

ただ、「そういう仕様だ」ということを
スターシャが知らなかっただけで(笑)。

すみません、だんだん不真面目な方向へ行ってしまいましたかね。

かみさんも雪嫌いももはや "仕様" なのかも知れませんが(笑)
まあ、気長に説得していこうと思います。

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
by mojo (2017-07-11 00:14) 

はねゆき

mojoさん、こんばんは
私の妄想にお答えいただき、ありがとうございます。
そうですか、仕様ですか、正直少しも考えていませんでした。
確かに、たとえば地球上の1割は元にもどりませんと言われても、汚染の状況から人類は受け入れざるを得ないですよね。
ただ、イスカンダルってパーフェクトな感じがしませんか(特に旧作、スターシャは女神みたいな。)なので、時間断層を生み出しことがなんだか納得できないところがありまして
ただ仕様だと、森船務長の体内にも、時間断層が......怖すぎます。
by はねゆき (2017-07-12 21:43) 

mojo

はねゆきさん、こんばんは。

受け取り方は人によって様々かと思いますが
私がイスカンダルに抱くイメージは「滅びゆく星」。

以前のコメントにも書きましたけど
最盛期を過ぎて人口が3人(旧作では2人)にまで激減してます。

旧作ではその理由は明言されていませんでしたけど、
「2199」では、かつてイスカンダルは "波動砲" を擁して
大マゼラン銀河を血に染めて星間戦争をしていた、
って設定が加わりましたから、
それが人口減少の遠因だったのかも知れません。
どちらにしろ、高度な科学文明をもっていても滅びを回避できない星。

 あるいは、自らが起こした星間戦争の責任を取って
 滅びを回避する道を放棄しているんじゃないか、
 なんてことを妄想したこともありました。
 「2199」の頃の記事を探せばどこかにあるはず。

そして、私が抱くスターシャのイメージは「淋しい人」。

旧作では、イスカンダルに到着するまでは
それこそ "女神様" のイメージでしたけど
実際にヤマトの前に現れたスターシャは、
星の滅びを運命として粛々と受け入れる人でした。

そして、ガミラスの捕虜となった古代守を保護・治療してるうちに
愛するようになっても、その思いを伝えられず、
ヤマトと共に守が地球へ帰還するのを見送ろうとする。

しかし森雪の「運命を受け入れるだけでは、愛は実らない」
という言葉を受け、土壇場で思いの丈を打ち明ける。
それによって守がイスカンダルに残ることを選ぶシーンは、
旧第1作の名場面の一つでしょう。

「2199」でも、既に死亡して "記憶の球体" と化した守に
「この星は・・悲しすぎる」って呟くなど
旧作・リメイクを問わず、イスカンダルでのスターシャは、
極めて "人間的" に描かれていると思います。

人間ですから、悩み、迷い、悲しみ、間違える。その力にも限界がある。
私が「スターシャはコスモリバースシステムの欠点を知らなかった」
って考えるのも、そのへんが理由のような気がします。

「森船務長の体内にも、時間断層が」

これ、気になりますよね。
コスモリバースシステムに "副作用" がつきものなら、
森雪のどこかにも "特異点" があってもおかしくない。

それが "時間断層" なのか、また別の形をとるのかも分かりませんが
もし存在するのなら、当然ながら後の章で出てくるのでは。

そのあたりも含めて、次章以降の展開が待ち遠しいですね。

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
by mojo (2017-07-13 01:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。