So-net無料ブログ作成
検索選択

バチカン奇跡調査官 ラプラスの悪魔 [読書・ミステリ]

バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 藤木 稟
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: 文庫
評価:★★☆

カソリックの総本山、バチカン市国。
世界中から寄せられてくる "奇跡" に対して
その真偽を判別する調査機関『聖徒の座』。

そこに所属する「奇跡調査官」である
天才科学者の平賀と、その相棒で
古文書の読解と暗号解読の達人・ロベルト。
この神父二人の活躍を描くシリーズの第6作。


アメリカ合衆国次期大統領候補の呼び声も高い、マリニー上院議員。
彼が地元の教会で演説しようと登壇したとき、
突如として上空に黒雲が湧き、滝のような豪雨が降り始める。
そして次の瞬間、議員の身体は閃光に包まれた。

絶命して倒れ伏した彼の死因は落雷ではなく、
心臓の "破裂" によるものだった。
さらに、両方の掌に鉄杭らしきものの貫通痕が。

事態を重く見たアメリカ政府から連絡を受けたバチカンは、
平賀とロベルトを調査に向かわせた。
二人はFBI調査官のビル・サスキンスとともに真相を探り始める。

掌の傷跡は死亡する数日前のものと思われた。
その頃、議員はロッキー山中で行われていた
秘密の "降霊会" に参加していたという。

会場となった屋敷は、軍需企業・レイセオン社の創業者らが
わが身に降りかかる "呪い" や "悪霊" を
封じ込めるために建設した秘密の "ゴーストハウス"。

そこでは時おり、政財界の要人やハリウッド・セレブなどが
参加する降霊会が行われていた。

平賀たち3人は、そこで開かれる降霊会へ潜入するが、
そこでさらに "人体消失" などの驚愕の事態に遭遇する・・・


このシリーズは、壮大なホラ話だと思ってる。
それには、如何に大風呂敷を広げるかが勝負だ。
そして、それを如何にうまく畳むかも。

前作は、"吸血鬼" をテーマにさまざまな怪異や謎を提示し、
それを実に "それらしく" 理屈づけて説明してみせた。

基本はホラーで、本格ミステリではないのだから、
多少の強引さやこじつけがあってもOK。
整合性や実現可能性よりも、"らしさ" が優先される。
「まあ、そういういふうに考えられなくもないかな」
くらいで充分かと思う。

もちろん、読み手を満足させるハードルの高さは
人によって異なると思うのだけど、
私としては、通常のミステリ作品よりは
かなりおおらかに受け止めてるつもりだ。

しかし今作はどうか。

周囲に誰もいない状況で、被害者の心臓のみを破壊する。
衆人環視の中、みるみるうちに人間の姿が消えていく。

一見して超常現象のように思える事件も、
裏には人為的なからくりが潜んでいる。
そこまでは、いい。

ところが、その真相は・・・

衆人環視の中の人体消失の謎については
「いくらなんでもそれはないだろう」
心臓破壊による遠隔殺人に至っては、
作中に仄めかされている程度では、正直言ってさっぱりわからない。
そもそも説明しようという気が作者にはなさそうに思える。


ひょっとしたら、
私がこのシリーズに求めるものと、
作者がこのシリーズで描きたいものは、
根本的に異なっているのかも知れない。
今回、それを強く感じた。

 八百屋に行っても魚は買えない。
 「魚が置いてない」って怒る客がいたら
 それは客の方が悪いよねえ。

本来なら星2つかなあと思ったんだが
平賀とロベルトの主役二人が好きなので、星半分増量した。

でも、この傾向がこれからも続くようなら、
そのうち読むのを止めるかもなあ。

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 4

mojo

@ミックさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-05-06 02:25) 

mojo

鉄腕原子さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-05-06 02:26) 

mojo

サイトーさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-05-06 02:26) 

mojo

31さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-05-07 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0