So-net無料ブログ作成
検索選択

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第二章「発進篇」、本予告60秒ver. [アニメーション]

4月28日、公式サイトを開いてみたら、載っていましたよ。


以下は、簡単な内容のまとめと感想を。
・皆さんお待ちかね、海からの発進シーン。
 古代の「ヤマト、発進!」が聞ける。早く劇場の大画面で見たいなぁ。
・黒いコスモシーガル?が3機。
・古代「なんでこんなことに!?」それを知りたいのはこっちです(笑)。
・走る山崎、星名、桐生。走っているのはどこ?
・真琴、加藤のアップ。この薄幸そうな夫婦に明日はあるのか。
・「きみを巻き込みたくない」雪の手を握る古代。そしてキーマン。
・ドレッドノート級主力戦艦群の一斉砲撃。
・藤堂「沖田の子どもたちがゆく・・・」
 そして海面を離れ、太陽に向かって上昇するヤマト。
・古代の敬礼は旧作準拠に? そして艦橋部のアップ。
・バレル大使、テレザート星、テレサ、ガトランティス大艦隊、
・攻撃するデバステーター、戦場は第11番惑星?
・ガミラス人の子どもと地球人のサンタ老人を助ける斉藤と永倉。
 このあと彼らはヤマトに乗り込むんでしょうねぇ。
・キーマンの言う「反重力特異点」がコスモリバースの負の遺産?
 謎の建造物はガミラス星の建艦プラントかなあ。
 下部に主力戦艦らしきものが・・・
・アンドロメダ単艦での追撃を宣言する山南。
・コスモタイガーⅡ、砲撃するアンドロメダ。
・小惑星帯の爆発をバックに、
 地球艦隊には5隻のアンドロメダ級が勢揃い。
 主力戦艦も10隻を確認。すごいねえ。投入可能な全戦力での迎撃か。
・今度のヤマトではアステロイドリングを再現するのでしょうか。
・芹沢「ヤマトは確保(?)します。どんな結果になったとしても」
・古代「俺はヤマトでテレザートへ向かいたい」
・謎の白い機体(パイロットはキーマン?)、
 コスモタイガーⅡ、そしてコスモファルコン?
・「行ってこい、ヤマトのところへ」加藤を送り出す真琴。
 ああ、この抱擁が今生の別れになりませんように。
・タイガーⅠ、そして「時間だぞ、本当にそんなことが」と呟く山本。
 これ、第一章にも同じ台詞があったよねえ。
・迫るアンドロメダ。山南&古代「衝撃に備えー!」
・交差する2隻。青白い輝きは波動防壁の干渉か。
・最後は地球をバックに上昇するヤマト。

相変わらずわずか60秒なのに情報量が半端なく多い。
まあ、公開までの2ヶ月間、妄想に耽るネタができたと言うことですね。


今回、予告を何度か繰り返してみているうちに
自分でも意外だったんだけど、
藤堂の「沖田の子どもたちがゆく・・・」のシーンで
いつのまにか目がうるうるしてくるのを自覚した。

39年前にはこんな風に感じたことはなかったんだけどね。


やっぱり自分がトシを取ったことが大きいのかも知れない。
39年前は古代たちとほぼ同い年だった自分が、
現在では沖田の年齢を超えてしまっている。

実際の人生でも「定年」というものが目の前に迫ってきて
現場を離れる日もそう遠くない。

そして、もちろん職場には
息子や娘くらいの年回りの若手も入ってきている。
そう遠くない未来には、彼らに任せなければならない日が来る。

その時、彼らに自分は何を残せるんだろう。
そんなことを考えてしまった。

もっとも、彼らにしたら「定年間際のロートルが何を言ってるんだ」、
なぁんて思ってるかも知れないけどね(笑)

せいぜい、若手の足を引っ張らないように気をつけて
"老害" って言われないように振る舞おう。

そんなことを考えたよ。

nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 9

mojo

@ミックさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-04-30 23:54) 

mojo

鉄腕原子さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-04-30 23:54) 

mojo

middrinnさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-04-30 23:55) 

はねゆき

mojoさん、お久し振りです、前回は、わたしのつたないコメントに、丁寧な対応をいただき、ありがとうございました。恐縮するばかりです。第二章の予告がはじまりました、ヤマトの発進シーンはグッとくるものがありますね。とても楽しみです(それに伴い不安もつきませんが。)。公開まで妄想を楽しみたいと思います。これからも、よろしくお願い致します。
by はねゆき (2017-05-05 17:20) 

mojo

はねゆきさん、お久しぶりです。

ヤマトの発進シーンは、第二章の最大注目ポイントでしょうから
やっぱり気になりますよね。

スタッフは頑張って作っていると思うんですが
ネットを見ていると、いろいろ書かれていますねぇ。

それを読んでると、
「やっぱりヤマトのリメイクはたいへんだなあ・・・」
って思います。

とはいっても、「ヤマトの新作を待つ」ことができるなんて
数年前には想像もできなかったことですから、
楽しまなければ損ですよね。

私もあれこれと "妄想" してます(笑)。

加藤夫妻の扱いをはじめ、不安要素もたくさんありますけど
評価も感想も、まずは観てみないことには何も言えませんので
ひたすら6月24日を待ってるところです。

またそのうちヤマト関係の記事を書くと思います。
お時間があったら、またのぞきに来てください。

これからもよろしくお願いします。
by mojo (2017-05-06 07:59) 

おか

初めまして。おか、と申します。
いくつか記事を拝見すると、おそらく私はmojo様の5歳ぐらい年下だと思います。まさかこの年でまたヤマトにはまるとは思っていなかったのですが。
年が5歳ぐらい下ですので、私の「原体験」は初回放送ではありましたが、自室の白黒テレビでした。(確か14インチぐらい)
昔は情報源もほとんどなく、確か「ロマンアルバム」というやつを買ったことは記憶にありますが、劇場版は見に行っていません。というより、当時中学生の私にとって「総集編を見に行くためだけに映画代を出す」という選択肢はありませんでした。ですから、はっきりと覚えているのはmojo様の評価が低い「さらば」と「2」です。
1stははっきり言って、ほとんどうろ覚えでした。というか、その甲斐あって2199は旧作との比較はする必要もなく、純粋に楽しめたのかな、と思っています。
楽しめたのは楽しめたのですが、この年でヤマトの話をする相手に恵まれるはずもなく、こうやって他人様のブログを拝見することでなんとなく消化していたのですが、ヤマト好きの方は結構過激なことを書かれる方も多く、正直輪入るのはためらわれる感じでした。中には「プロデューサーと直接面識がないものは評論する資格がない」などと書いている方もいらっしゃり、「怖いなぁ、、」と思っていましたが、こちらのブログは非常に大人の表現で多様な感想を許容していただいているようで、拝読していて非常に楽しい気持ちになりました。
ありがとうございます。
ちなみに私は「さらば」も「2」も嫌いではありません。特に「さらば」はとてつもなく悲しかったですが、その「救済策」として「2」があったように、当時、子供だった私は感じていました。
そのため、「これで終わり」の「約束」をあっさり反故にして作られた以降の作品は全く見ていませんし、私の中では「存在していない」ものとして、これからも見るつもりはないのですが。
突然の長文、失礼いたしました。
今後とも楽しい鑑賞記を拝読させていただきます。
by おか (2017-05-31 10:07) 

mojo

おかさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

私のブログに対して過分なまでのお褒めの言葉をいただいたみたいで
たいへん恐縮しております。

このブログでも再三書いてますけど、
ヤマトファンが100人いれば「俺のヤマト」も100通り。
いろいろな意見の方がいると思います。
過激な表現をされる方も、裏を返せばそれだけヤマトという作品に対して
愛着とこだわりがあるのでしょう。

私も「2199」を見始めた頃には、いろんな人の感想が知りたくて
ネットを廻っていたものです。
そして、それらを読んでいるうちに私もそれに参加したくなり、
矢も盾もたまらずに、休眠状態だったブログを復活させました。
記事の原稿を夢中になって書き始めたのが、もう5年前なんですねぇ。

あの頃は、いろいろ "溜まって" いたんでしょう・・・(笑)。

「ロマンアルバム」、懐かしいですねぇ。もちろん私も買いました。
いまでも実家の本棚の隅っこにあるはずです。

おかさんは「ヤマト2」以降の作品はご覧になっていないようですが
私は「さらば」も「2」も見た上に、さらなる続編群も見続け、
結局「完結編」までつき合ってしまいました(笑)。

もっとも、「新たなる旅立ち」以降は惰性でしたけど。
このへんも、このブログの過去記事で書いたことがあると思います。

それだけに、21世紀に入ってからの「2199」としての "復活" には
びっくり仰天しましたし、またとても楽しませてもらいました。


74年の第1作の記憶があいまいだというのは、
(おかさんも書かれてましたけど)
ある意味とても幸せなことなのかも知れません。

旧作と比べることもなく、"思い出補正" に邪魔されることもなく
素直に作品に接することができたのですから。

おかさんの目には「2202」はどのように映っているのでしょうか。


私としては、「2202」にはまだまだ
不安要素を感じるところも多いのですけど
見てみなければ感想も何も始まりません。
いまは、いろいろな妄想を巡らせながら
6月24日を待っているところです。

まとまりのない駄文だらけのブログですが
お時間があったら、またのぞきに来てください。

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。


by mojo (2017-05-31 21:26) 

おか

mojo様
ご丁寧なご返事、ありがとうございます。
そうですね、、2202は正直、面白いか面白くないか、で言ったら、面白いのですが、「さらば」で悲しい思いをしたので、続編制作の方を聞いたときは「やめてくれ!」としか思いませんでした。
「さらば」にしても「2」にしても、たくさんの人が不幸になりそうなんで。
ただ、mojo様もおっしゃる通り「観てみないことには」という気持ちもあり、2202は劇場で観ています。
2199は、制作されること自体はだいぶ早い時期からネットで観ていたんですが、(好きな方には大変失礼な話ですが)私の中でヤマトはいわゆる「オワコン」だったのと、制作陣に対しての不信感しかなかったので、観たのは劇場公開も終わってBDが安くなってからでした。
1巻だけを試しのつもりで買ったのですが、こんなに面白いとは思っていませんでした。
以前のmojo様の表現をお借りすると、
小学生の時に初恋で好きになった女の子←1st
中学生の時に勇気を出して告白←「さらば」「2」
でも答えは「ありがとう。でも私海外へ引っ越すの」と言われあきらめたのに、高校生になってから近くの高校の制服を着た彼女を発見←以降の作品
といった感じで、この年のヤマトファンの例にもれず、私もだいぶ複雑です。
でも、2202、楽しみにしています!
by おか (2017-06-01 10:40) 

mojo

おかさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

私が「2202」製作のニュースを聞いたときの感想は
「ああ、やっぱり作るんだなあ」でした。
資本主義の世界ですから、儲かると判断されれば作るだろうなあ、
とは思っていましたけど、やはり不安は大きかったですね。

 なにせ「さらば」を映画館で観るという
 "衝撃の体験"(笑)をした身ですから。

「2202」についても、「さらば」ルートなのか、「2」ルートなのか。
はたまた第3の結末を迎えるのか。

ネットの噂や、シリーズ構成の福井氏の発言を聞いてると
「さらば」ルートでも、「2」ルートでもなさそうなのですが
それこそ第7章まで観てみないと分からないのでしょう。

 うーん、結局最後まで観てしまうのでしょうね(笑)。

「2199」製作発表当時のことは、私も記事に書きましたので
おかさんもお読みかと思いますが、
まさかこのトシになって、PVでのヤマトの姿を見て涙が出てくるとは
意外を通り越して驚天動地の出来事でしたよ(笑)。

ヤマトのことを「初恋の女の子」に例えた記事も書きましたが
今の心境は、初恋の女の子の娘さんがとても可愛く成長して(2199)
そろそろ将来が心配になってきた頃ですかね。
グレないかな? 悪い虫はつかないかな?(笑)
そして(2202が)おかしな方向へ進んで母親の二の舞にならないかな?
って危惧しているところ。

まあ、心配の種は尽きませんが
こればっかりは遠くから見守るしかありません。

おかさんもそうでしょうけど、
心穏やかに6月24日を待つことにしましょう。

過度の期待はせず、とはいっても過度の悲観もせず。
そんな気持ちで当日を迎えたいと思っている今日この頃です(笑)

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。


by mojo (2017-06-02 00:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。