So-net無料ブログ作成

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章嚆矢篇 感想・・・のようなもの(その1) [アニメーション]

※ネタバレ全開です。未見の方はご注意願います。
※ストーリーに沿って、感じたこと思ったことをダラダラ書いた
 長いだけでまとなりのない駄文です。品質保証はいたしかねます(笑)


第1話「西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト」

■驚きのナレーション
冒頭に流れるのは、ヤマトと言えば定番の
「無限に広がる大宇宙・・・」から始まるナレーション。
しかしこれがガトランティス大帝・ズォーダーの
モノローグだったという驚き。

初っぱなからの強烈なパンチで始まった「2202」。
さらに「だから愛が必要だ」という続けざまの連続攻撃。

■白色彗星降臨
39年前からおなじみのパイプオルガンのあの曲とともに
画面一杯にひろがる白色彗星の渦。
小惑星が引き込まれて粉砕されるのも原典通り。

初見の人には綺麗に見えるかも知れない白色彗星ですが
旧作を知っている身には禍々しさのほうが先に立ちます。
オーディオコメンタリーによると、
この白いガス帯には旧作にはない設定が仕込まれている模様。

■テレザート星攻略
彗星から発進したガトランティスの艦隊が青い惑星に迫る。
シナリオ集によるとここがテレザート星。
ガトランティスの猛攻に蹂躙されるテレザートの人々。

テレザートはほとんど海なんですね。旧作、とくに「ヤマト2」では
滅んだ文明の遺跡が広がる砂漠の星、って感じでしたが。

それにしてもミサイル艦、多すぎないですか(笑)。
ウンカのごとく空を埋め尽さんばかりの数。
CGならではの可能な技なのだろうけど・・・ちょっと多すぎな感も。

シナリオ集ではザバイバルの地上部隊まで繰り出しています。
空間騎兵隊との激突はどのように描かれるのでしょうか。

■テレサ登場
引き続き大帝ボイス。
「やはり、愛が必要だ。大いなる愛が。そうは思わんか? テレサ」
そして星に重ねて浮かび上がる、祈るテレサの姿。

「大いなる愛」といえば「さらば」の掉尾を飾ったBGMの曲名。
大帝もまた「愛」をもって宇宙を征服しようとしているのか。
まさに「愛の戦士」。
ヤマトクルーのみならず、ガトランティスもまた「愛」を掲げて戦うのか。
「2202」とは、「愛の戦士たち」が相争う物語なのか。

テレサは相変わらずの全裸ですが、ずっとこのままいくのでしょうか。
それとも服を着た姿も出てくるのでしょうか。
(男目線ですがやっぱり気になります。)

絵コンテ集の表紙イラストの彼女はかなり幼い雰囲気です。
10代半ばにも見えたりします。
島との仲がどうなるかは現時点では全く不明ですが、
けっこう年齢差(地球換算)がありそう(笑)

神田沙也加さんの声は抑制がきいていて、かなりいい感じです。
(第1話の台詞だけならテレサは20代くらいに感じられますが)

女神様でもいいんですが、
私はテレサには人間的な感情もあってほしいので
この先、もっと心情を露わにした声も聞きたいものです。

■タイトルロゴ
テレサの祈りをバックにタイトル登場。
「ヤマト」のロゴが立ち上がるとお馴染みのあのSEが。

 このタイトル部分について、本作を観た知人が、
 「『愛の戦士たち』が四角く枠で囲まれてるのが
  "昭和" を感じさせるよなあ」って言ってました。
 ここも旧作どおりのこだわりなのでしょうが
 たしかに、最近では見かけないですねぇ。

■地球・ガミラス連合艦隊
ワープアウトした「ゆうなぎ」を含めて、合流を果たした両軍の艦隊が
8番浮遊大陸を占拠したガトランティスに向かう。

いくら3年経ったからって、地球はこんな大艦隊を組めるほど
宇宙船を建造できるようになるもんなんでしょうか。
やっぱり地球周回軌道上とか月の裏側とかにガミラス謹製の
「全自動宇宙船建造工場」が鎮座してるような気がしてなりません。

もっとも、先の大戦で軍はほぼ壊滅しているはずだから、
乗組員の補充はたいへんでしょうね。練度とか望むべくもなさそうな。
艦艇数がめちゃくちゃ多いのは
無人艦も混じっているんじゃないかって邪推してしまう。

画面から溢れんばかりの大量な艦船を捌く演出は
「2199」第18話(バラン星観艦式)を担当した加戸誉夫氏。

■装甲突入型ゼルグード
対火焔直撃砲用の「盾」を持ってますが、
あまりにも分かりやすい対策で笑ってしまいそう。
でも、メダルーサ級2隻の同時攻撃にはかなわないんですね。

というか、メダルーサ級も律儀に盾ばかり狙うのはなぜ?
意地ですかね(笑)。
それともあの "模様" がガトランティスには許せないんですかね(笑)。

まあ、旗艦クラスを全部沈めれば敵の意気は阻喪するでしょうけど。
それより、周囲の艦を片っ端から沈めて裸にしてしまうほうが
戦いに勝つには早そうな気も。

「2199」ではドメル艦隊にボコボコにされてたガトランですが
今回はガミラス・地球軍のほうが押され気味のようです。
指揮官の違いは大きいということか。

ドメルの薫陶を受けたバーガーが、高速艦を揃えて参戦してれば、
戦況はかなり変わったような気もしますが。
さて、「2202」にバーガーやメルダは登場するかなあ。してほしいけど。

次回に続く。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 3

mojo

鉄腕原子さん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-03-13 00:15) 

mojo

@ミックさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-03-13 00:15) 

mojo

middrinnさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by mojo (2017-03-14 01:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0