So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

テニスコートの殺人 [読書・ミステリ]

テニスコートの殺人【新訳版】 (創元推理文庫)

テニスコートの殺人【新訳版】 (創元推理文庫)

  • 作者: ジョン・ディクスン・カー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2014/07/22
  • メディア: 文庫

評価:★★★

創元推理文庫の新版改訳シリーズの1冊。


ボブ・ホワイト、ジェリー・ノークス、ニコラス・ヤングの3人は
大学時代からの親友だった。

極貧のうちにボブは世を去るが、残された娘・ブレンダは
ニコラスが後見人となって養育されることになった。

そして、金融街で成功したものの子宝に恵まれなかったジェリーは、
甥のフランクを養子に迎える。

そしてニコラスとジェリーは
ブレンダとフランクが結婚することを条件に
全財産を二人に贈ることを決めた。

しかし、ジェリーに甘やかされて育ったフランクは
道楽の限りを尽くす放蕩者になっていた。

ブレンダに想いを寄せる弁護士ヒュー・ローランドには、
この結婚が彼女にとって幸福なものになるとはとうてい思えなかった。

ブレンダに結婚を思いとどまらせようと、
ヒューがニコラスのもとを訪れた日、
テニスコートでフランクの死体が発見される。

現場はまさに雨が上がったばかり。
その中央付近でフランクは絞殺されていた。
残された足跡は被害者のものと、
第一発見者であるブレンダが死体まで往復したものだけだった。

ブレンダの無実を信じるヒューは、彼女から容疑を逸らすために
現場に細工をするのだが・・・


"足跡のない殺人" というのも、ミステリのシチュエーションとしては
ポピュラーなものだが、不可能犯罪専門(笑)の
名探偵ギデオン・フェル博士は、どんな種明かしをひねり出すか?

と書いてはみたものの、『ユダの窓』を読んだ後で本書を読むと、
その出来の違いにちょっと驚く。

巻末の解説を読むと、本来は中編に収めるべき作品を
無理矢理書き伸ばして長編にしたもののようで、
作者自らその "出来の悪さ" を認めているとのこと。

確かにメインのトリックはちょっと首を傾げる。
あまりにも犯人の思惑通りに被害者が動きすぎる。
これ、絶対途中で被害者は気づくだろ~って思う。
短編ならまだしも、これで長編を支えるのはちょっと荷が重い。

後半に起こる第二の殺人もちょっと雑すぎる。
いくらなんでも、あの状況で犯人に気づかないなんて
現場にいた人はみんな眼科へ行ったほうがいい(笑)。

なんだか悪口ばかり書いてるが、
ストーリーテラーとしての才能はしっかりあるカーのこと。

ニコラス邸の近所に住む熟女とか
フランクの浮気相手のショップ店員とか
その恋人がサーカスの芸人だったりとか
登場人物それぞれのキャラも立っているし
背負ったドラマもちゃんと描写されてる。

そして何より、主役カップルが迎える危機の描き方がうまい。
小賢しくいろいろ工作をするのだけど、それが裏目裏目に出て
だんだんドツボにハマっていくところとか(笑)。

ラブコメと呼ぶにはちょっと暗い話だけど
物語としてはとても面白い。

ミステリとしてなら星二つだけど、
語り口の上手さで星一つ増量ってことで。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自薦 THE どんでん返し [読書・ミステリ]

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/05/12
  • メディア: 文庫

評価:★★★

いやはや凄いタイトルだ。
「どんでん返し」ですよ。「自薦」ですよ。
いったいどうなっちゃうんですかねえ奥さん(誰?)。

ミステリというのは多かれ少なかれ結末に意外性を伴うもので
「やられた!」とか「いやあ一本取られたなあ」とか
思わせるものが傑作なんだろうと思う(私基準ですが)。

「どんでん返し」なんてのはその最たるもので
その箇所にさしかかったら「えぇ~!」とか「まさかそんな!」とか
"叫ぶ" まではいかなくても、それに近い思いを
読み手に味わわせなければいけないだろう(これも私基準)。

そして、どんでん返しがある作品は、
結末に「どんでん返し」があると知らずに読んだほうが
驚きが大きいと思うんだけど、
最近は、帯や裏表紙などの惹句に「最後のどんでん返しがスゴイ」とか
堂々と書いてあるものを時たま見かけるんだよねぇ。

 あれ、どうなんだろう。
 わざわざ作品の価値を下落させてると私なんか思うんだけど
 それよりも、出版社はすこしでも部数を稼ぎたいのかなぁ。

閑話休題。

本書は、「結末に "どんでん返し" があります」って宣言してる作品集。
しかも短編なので、短いストーリーの中で
読者を驚かさなければならない。
いやあ、どこまでハードルを上げてるんですかねえ双葉社さん。

でも、そんな "自分で自分の首を絞めてる" ような作品集に
自作を提供した作家さん。スゴイです。頭が下がります。
作家名を見ると、そうそうたるビッグネームばかり。流石です。


「再生」綾辻行人
 17歳も年下の教え子と結婚した大学助教授。
 しかし、妻には恐るべき "秘密" があった。
 トップバッターに立つだけのことはある傑作。
 最終ページでの驚愕は、"どんでん返し" があるって
 予告されていてもなお、強烈なインパクトがある。
 個人的には、本書ではベスト作品。

「書く機械(ライティング・マシン)」有栖川有栖
 才能はあるのに、いまひとつブレイクできない作家・益子。
 彼の潜在能力を極限まで引き出すべく、
 伝説的な "名伯楽" と謳われた編集者が
 益子を連れていった場所は・・・
 ミステリと言うよりは、不条理SFに近いかな。
 1970年代あたりの小松左京か筒井康隆、
 あるいは藤子不二雄あたりが描きそうな雰囲気を感じる。

「アリバイ・ジ・アンビバレンス」西澤保彦
 両親のケンカから逃れて家を出た主人公が見たものは、
 同級生の淳子が中年の男性と逢い引きしているところ。
 しかしその時間、淳子の家では殺人事件が起こっていた。
 そしてなぜか、アリバイがあるはずなのに
 淳子は「自分が殺した」と供述しているらしい・・・。
 終盤、淳子の供述に込められた深~い意図が明かされると、
 ほんとに良くできてると感心する。
 "どんでん返し" とは思わないが、細部まで計算が行き届いた作品。
 とくに "サブ(?)ヒロイン" の琴美ちゃんがいい味出してる。
 西澤保彦って、デビューした頃は結構読んでたんだけど
 何となく「私には合わないなあ」って思って
 途中から読まなくなったんだよねえ・・・

「蝶番の問題」貫井徳郎
 大学時代の先輩であった作家のもとへ主人公の刑事が持ち込んだのは、
 当事者5人が全員死亡していたという事件。
 被害者が残した手記から、真相を突き止めようするが・・・
 この部分は良くできたミステリになってるけど
 ラストのこれは "どんでん返し" かなあ・・・
 気の利いた "オチ" ではあるけどね。
 最近、ドラマ化や映画化が相次いでいる貫井徳郎さん。
 この人も、デビューした頃は結構読んでたんだけど
 ここ数年は読んでないんだよねえ・・・

「カニバリズム小論」法月綸太郎
 元医学生の大久保は、同棲していた女を殺した。
 さらに、その女の死体を "食べて" いたのだ。
 なぜ、彼は死体を食べ続けていたのか。
 法月綸太郎が導き出したのは驚くべき "理由" だった・・・
 いやあ、この "理由" がちょっとインパクトありすぎて
 その後に用意されていた "もうひとひねり" が
 ちょっと霞んでしまった感が。

「藤枝邸の完全なる密室」東川篤哉
 烏賊川市で有数の資産家、藤枝喜一郎。
 しかし、その甥の修作は、叔父が遺言状を書き換えて
 彼の取り分を減らそうとしているのを知り、喜一郎を殺害する。
 修作の工作により、現場は完全な密室になったが
 そこへ探偵・鵜飼が現れて・・・
 鵜飼の意外に(?)鋭い洞察力でどんどん追い詰められていく修作。
 しかし、本作のキモはそこではなく、ラスト一行にある。
 でも、これを "どんでん返し" と呼んでいいのだろうか?・・・(笑)


こういう敷居の高い作品集に参加しただけあって
いずれも高レベルの作品ではある。

でも、タイトルで大上段に「どんでん返し」って掲げないで
普通に読んだほうが素直に驚けたかもなぁ・・・
って思わないでもないが(笑)。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人魚は空に還る [読書・ミステリ]

人魚は空に還る (創元推理文庫)

人魚は空に還る (創元推理文庫)

  • 作者: 三木 笙子
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/10/28
  • メディア: 文庫

評価:★★★☆

時代は、日露戦争の記憶も新しい明治40年代。

主人公・里見高広は、両親を失って遠縁の家の養子となった。
養父は高広を実子と分け隔てなく育ててくれたが、
ある "いざこざ" がもとになって
高広は養家を飛び出し、現在は雑誌記者となっている。

もう一人の主役は、天才とも評される超人気絵師・有村礼(れい)。
彼が表紙を描いた雑誌は売れ行きが数倍に伸びるという。
礼本人も、彼が描く美麗な婦人画に負けず劣らすの超絶美形。

こう書いてくると礼が探偵役かと思われそうだが
実はその逆で、礼は高広に事件解決を "強要" (笑)するという
"押しかけワトソン役" だったりする。

この二人が、帝都・東京で出会う事件を解決していく
《帝都探偵絵図》シリーズの第1巻。


「第一話 点灯人」
 10歳の少女・森桜が高広の勤務先である至楽社を訪れる。
 兄・恵(さとし)が失踪したので尋ね人の広告を出したいという。
 恵は中学生ながら広告図案募集で入賞、一等賞金100円を手にしていた。
 残された写生帳に描かれた風景画を手がかりに、捜索をはじめる高広。
 その途上、ライバル記者の佐野から入手した情報を追ううちに
 清文館という倒産した印刷所にたどり着くが・・・
 この第一作で、シリーズのレギュラーメンバーがほぼ全員、
 顔を出すのもよくできているけれど、
 謎を解いた先に浮かび上がる森兄妹の哀しみも切ない。
 高広が彼らに寄り添えるのも、彼自身の生い立ちがあるからだろう。

「第二話 真珠生成」
 芸者屋が買い込んだ新品の金魚鉢。
 しかし、その底に敷き詰められた白石の中に一粒の真珠が。
 それは、銀座通りに店を構える美紀真珠から盗まれた
 3粒のうちの1つだった。しかも、真珠が盗まれた当日に
 店を訪れていたのは高広のかつての養父と義姉。
 結婚が決まった娘のために、真珠の購入に来ていたのだ。
 高広は義姉のために真相究明に乗り出し、
 美紀真珠で働く従業員・珠子に会いに行くが
 彼女自身にも、資産家の御曹司との縁談が進んでいた・・・
 作中で言及されるのは、ホームズ譚の一つ「六つのナポレオン」。
 もちろん本作の真相はそれとは異なるのだけど
 すべてが丸く納まる結末は、やっぱりいいものだ。

「第三話 人魚は空に還る」
 浅草六区の見世物小屋で興行を打つ「蝋燭座」。
 その目玉は、人間なら10歳ほどかと思えるような "人魚"。
 その美しくも悲しい歌声に魅せられて連日満員の大盛況。
 新進作家・小川健作に連れられて見物にきた高広と礼。
 そこで出会ったのは大富豪夫人・花遊鞠子(かゆう・まりこ)。
 なんと人魚は彼女のもとへ売られていくことが決まったという。
 引き渡しの日、「観覧車に乗りたい」という
 人魚の最後の願いを聞き入れた座長。
 しかし人魚は、乗っていたゴンドラから
 シャボンの泡となって消えてしまう・・・
 密室状態からの "人魚消失" 事件。
 脱出のからくりも気になるが、本作のキモはそこではない。
 最後の謎解きで明らかになる、人々の情の厚さが心にしみる。

「第四話 怪盗ロータス」
 帝都に出没する怪盗ロータス。高価な美術品のみを狙い、
 盗んだ富は貧しい者に分け与えるという噂から
 庶民の人気を集めていた。
 そんな中、呉服橋の袂で起こった交通事故。
 高広の目前で事故を起こしたのは、米相場で大儲けをした大黒重治。
 はねた少年に対して横柄な態度をとる中、
 そのに居あわせた青年が大黒の鼻を明かしてみせるのだった。
 その大黒のもとに、怪盗ロータスからの "予告状" が届く。
 収集している洋画のコレクションを頂く、という内容だ。
 警戒をする大黒邸だが、ロータスは意表を突く方法で
 易々と侵入に成功し、目的を果たしてしまう。
 ロータスを追う高広の前に、再び "あの青年" が現れるが・・・
 今回はアルセーヌ・ルパンを気取る怪盗が登場する。
 ロータスは今後も不定期に登場する準レギュラーキャラらしい。
 大黒が心に秘めた意外な "真意" にも驚かされる。

「第五話 何故、何故」
 隅田川の川沿いにある質屋に入った強盗は、
 現金1000円を盗んだが、船で逃走しようとした際に
 警察に発見され、現金と共に船に火を放って遁走した。
 高広は、礼とともに礼の大伯父の浮世絵師・歌川秀芳を訪ねる。
 家の真ん前に水練場を建てられ、
 しかもその持ち主から嫌がらせを受けているという秀芳の話から
 高広は強盗事件との関連を見つけるのだった・・・
 文庫化の際に書き下ろされたボーナストラックだ。


高広は一を聞いて十を知るような天才型ではなく、
関係者への取材や話を聞いているうちに真相にたどり着く。
事件に関わる人々の感情の機微にも鋭敏で、
被害者や弱い者の側に立って
解決を目指していこうとする "優しい" 探偵だ。
それはやはり両親を早くに失うなど
苦労の多い半生を過ごしてきたからだろう。

このシリーズは現在のところ3巻まで出ているが、
続巻も手元にあるので、近々読む予定。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム [読書・その他]

バチカン奇跡調査官    天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫)

  • 作者: 藤木 稟
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/12/25
  • メディア: 文庫

評価:★★★

カソリックの総本山、バチカン市国。
世界中から寄せられてくる "奇跡" に対して
その真偽を判別する調査機関『聖徒の座』。

そこに所属する「奇跡調査官」である
天才科学者の平賀と、その相棒で
古文書の読解と暗号解読の達人・ロベルト。
この神父二人の活躍を描くシリーズの第7作。

今回は、番外編4作を集めた短編集になっている。


「陽だまりのある所」
 過酷な生活を送ったために精神を病み、
 自分の名前以外の記憶を失った少年・ロベルト。
 児童施設へ収容され、併設された幼年学校へ通うようになるが
 成績こそ首席であるものの、周囲の者と一切打ち解けようとせず
 問題児のレッテルを貼られてしまう。
 しかし施設の責任者・ランバルド司祭のはからいで
 名門進学校であるサン・ベルナルド寄宿舎学校へ入学する。
 そこでも相変わらず孤独に過ごすロベルトだが、
 図書委員を務める少年・ヨゼフとの出会いが、
 彼を少しずつ変えていく。
 しかし、ヨゼフにはある秘密があった・・・
 ホラーでもミステリでもないが
 切なく哀しく、そして美しい話だ。

「天使と悪魔のゲーム」
 ローレン・ディルーカは、わずか15歳にして
 ローマ大学の大学院に籍を置く天才。
 物理・化学・生物・工学の博士号を持ち、
 数々の特許によって巨万の富をも得ていた。
 しかし、遺伝子の突然変異率を飛躍的に高めて
 その個体を死に至らしめるウイルスを開発したことにより、
 警察に逮捕、そして精神鑑定を受けていた。
 鑑定医の結論は、彼をバチカンへ預け、宗教的矯正を与えること。
 その頃、平賀は奇跡調査官として最初の仕事を終えたところだった。
 ローレンと引き合わされた平賀は、
 彼の心を救うべく、あるゲームでの対戦を申し出る。
 そしてそのゲームの最中、平賀は
 自分がかつて耳にした不思議な話を始めるのだが・・・
 エキセントリックなローレンに対して
 飄々と接する平賀が、とても彼らしくていい。
 この二人の天才の掛け合いは面白いのだけど
 平賀の語る作中作はいかにもホラーな話で、
 とっても後味が悪いんで私は好きになれないんだなあ・・・

「サウロ、闇を払う手」
 平賀とロベルトの上司にして、
 伝説的悪魔祓い師(エクソシスト)としても高名なサウロ大司教。
 イタリアの小さな町に生まれ、貧しい家庭に育ったサウロは、
 町の教会の司祭・ザカリアに引き取られ、彼の養子となった。
 養父ザカリアに馴染めないものを感じつつ、
 やがてサウロは成長し、神父見習いとなる。
 そして彼はザカリアの持つもう一つの仕事、
 "悪魔祓い" の現場に初めて立ち会うことになるが・・・
 文字通り命をかけて悪魔との対決に臨む師の姿、
 そしてそれを受け継いだサウロに、ある "試練" が降りかかる。
 今でこそ英雄扱いのサウロ大司教だが、
 彼も人並みに、いろいろと煩悩にまみれた青春時代を
 送っていたんだなあ・・・というのが分かる話(笑)。
 人間は、若いうちに苦労をしなければ一人前にはなれないのだねえ。

「ファンダンゴ」
 父を知らずに育ったジョナサンは、
 幼少期から容姿端麗にして成績優秀、そしてスポーツ万能。
 それに加えて母親はかなりの資産家だったので、当然のように
 我が儘で気まぐれで世の中を舐めきった青年へと成長した。
 しかし、ジョナサンの人生のあちこちで現れて、
 彼の邪魔をする謎の人物がいた。
 ジョナサンと全く同じ顔で、名も同じ「ジョナサン」という男。
 彼はジョナサンのドッペルゲンガーなのか?
 やがて明らかになるその正体は・・・
 でも、裏表紙の惹句でネタバレしてるんだよねえ。


本作は短編集かつ外伝ということもあり、
「陽だまりのある所」以外の3篇はかなりホラー風味が濃い。
まあ、「ホラー文庫」なんだから当たり前とも言えるが。
そして、それらに登場する超常現象も投げっぱなしで、
シリーズの持ち味であるところの
(納得できるかどうかは別として)独自の科学的解釈もなし。
そのへんはちょっと不満なんだけど、まあ短編なんだから我慢(笑)。

もう一つの読みどころは、シリーズキャラクターの
ロベルト、平賀、ローレン、サウロの過去の話が描かれること。
どれもなかなか興味深いけど、やっぱり本書の中では
「サウロ大司教・若き日の大冒険」がオススメかな。

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

恋するタイムマシン 穗瑞沙羅華の課外活動 [読書・SF]

恋するタイムマシン 穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫)

恋するタイムマシン 穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫)

  • 作者: 機本伸司
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2016/03/11
  • メディア: 文庫

評価:★★★☆

主人公は、人工授精によって誕生した
天才少女・穂瑞沙羅華(ほみず・さらか)。

幼少時より天才ぶりを遺憾なく発揮してきたが
思うところあって、現在は "普通の女子高生" として生活している。

もう一人の主役は、沙羅華嬢が設計した量子コンピュータを使って
業務を展開しているネオ・ピグマリオン社の社員、綿貫くん。
彼の仕事は沙羅華嬢の "お守り役"。

天才美少女・沙羅華さんの大活躍、というよりは
凡人代表みたいな青年・綿貫くんが彼女に振り回される
"苦労話" が綴られた(笑)シリーズも、本作で5作め。


今回、沙羅華と綿貫くんに持ち込まれた依頼は、
若手物理学者・両備幸一の進めている研究を阻止してほしいというもの。

彼の研究テーマは「ダークマター」だが、それは表向きで
実はワームホールの人工的な生成を目指していた。

研究者というものは、成果を出せないでいると
いずれその地位を失ってしまうというシビアな世界。
なかなか結果を残せないでいた両備くんは、誰も手を付けていない
人工ワームホールの研究で一発逆転を狙っていたのだ。

粒子加速器 "むげん" (設計者は沙羅華)での実験を申請していた
両備くんに沙羅華と綿貫くんは会いに行くが、
そこで驚くべきことを聞かされる。

両備くんの研究の、真の目的は「タイムマシンの建造」だったのだ。

あまりにも途方もない目標に、綿貫くんは唖然とするが、
沙羅華は両備と "時間" について議論を戦わせるうちに、
次第に彼の研究に興味を惹かれていく。
そこには、彼女が本来目指していたTOEとの関連もあった。

 ちなみにTOEとは Theory of Everything のこと。
 日本語では「万物の理論」とか「超大統一理論」と呼ばれる。
 自然界に存在する4つの力、
 すなわち電磁気力・弱い相互作用・強い相互作用・重力を
 統一的に記述する理論(統一場理論)のこと。

後半に入ると、なんと沙羅華は
両備くんとワームホールの共同研究に乗り出すことになる。
彼女の伝手で、研究の出資者まで見つけ出し、
あとは人工ワームホールの生成に成功すればOK。

しかし、本当にタイムマシンの建造は可能なのか・・・?


今回のメインキャストとなる両備くん。
彼なりに "研究への熱意" はあふれているけれど、その内実は
タイムマシンで一躍名を挙げたいという "野心" と、
今さら後には引けず、このままでは終われないという "意地"。

その両備くんに最後まで付き従っている助手の柳葉亜樹さん。
将来の展望が見えない両備くんを支えつつも、自らの行く末に悩む。
故郷の両親からは、縁談があるから早く帰ってこいとの催促が。
想いを寄せる両備くんのためにがんばってきたけれど、
そろそろ潮時かなあとも思う今日この頃・・・

そして、後半になって登場する研究出資者のティム。
かなりの高齢ながら、研究の現場までやってきて
いろいろと口を出すのだが、そのはしばしに思わせぶりな言葉が・・・

彼の正体が本作後半の大きな "謎" になるのだけど、
いやあ、これは読んでのお楽しみですねぇ。


今回のテーマはずばり「恋愛」。
表面的には、両備くんと亜樹さんの恋愛の行方が描かれるのだけど
沙羅華さんにとっては、苦手な(笑)テーマだろう。

今まで、自らの出自に苦しんだり、家族との軋轢に悩んだりと
恋愛にまで行き着く前の段階でいろいろあった。
それらを乗り越えるたびに少しずつ成長してはきたが、
まだまだ彼女に普通の恋愛は無理っぽい。

何せ、「いちばんの興味の対象はTOE」だったからねぇ。
でも初期の頃の、恋愛そのものが視野に入ってこなかった状態から
今作では、ちょっぴり「人を愛する」ってことについて
悩むようになったんだから、たいへんな進歩かも知れない。

そんな中、相変わらず沙羅華から相手にされない綿貫くん。
さっぱり成長していないキャラにも見えるんだけど
なぜか周囲の人々からは「沙羅華のお守り役」としては高評価のようで
本作では、ある人物から "望外なまでの言葉" をもらってしまうんだが
どんなことを言われたかは、これも読んでのお楽しみだね。


なんてことを書いていたら、シリーズ最新作がつい先日に刊行された。
タイトルは「卒業のカノン 穂積沙羅華の課外活動」。
なんと裏表紙の惹句に「シリーズ、ついに完結!」とある。

おお、ついにフィナーレなんですねえ。
はたして沙羅華と綿貫くんの明日はどっちだ?

これも近々読む予定。


最後に余計なことを。

前々作「究極のドグマ」、前作「彼女の狂詩曲」、そして本作は
沙羅華嬢が高校3年生の夏、それも7月から8月にかけて起こっている。
いやあ、密度の濃い夏休みを過ごしてますねえ、沙羅華さん。

余計なことその2。

本作中で某キャラが口にした台詞がツボにはまった。
「毒を喰らわば沙羅華まで」
思わず笑ってしまいました。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -