So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

オチケン、ピンチ!! [読書・ミステリ]


オチケン、ピンチ!! (PHP文芸文庫)

オチケン、ピンチ!! (PHP文芸文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/03/16
  • メディア: 文庫
評価:★★★

私自身は、寄席には一回だけ行ったことがある。
もう30年近く昔のことだ。
誰が出てきたのかもよく覚えていないのだが
唯一記憶にあるのは林家木久扇(当時は木久蔵)。
普通の噺ではなく、片岡知恵蔵とか大河内傳次郎とか林家彦六とかの
モノマネをやっててかなり受けてた。

いつかまた行きたいなあと思っているうちに30年。
時の経つのは早いものだ。

閑話休題。


落語に興味がないのに無理矢理オチケン(落語研究会)に
入部させられてしまった学同院大学の学生・越智健一(おち・けんいち)。
彼とオチケンの部員たちが出くわした事件を描いた連作ミステリ。

彼を引き込んだのは、噺家・花道家春蔵(はなみちや・はるぞう)の
一番弟子でもあるオチケン部長・岸弥一郎と、
そして飄々としていて正体不明な中村誠一の二人。
何せ学同院大学には「部員が3人を切ったサークルは即廃部」という
厳しい規則があるゆえ、哀れ越智くんは生け贄となったのだ。

本作はシリーズ第2弾で中編2編を収録している。


「三枚の始末書」
大学の教室の窓ガラスが何者かに割られてしまう。
容疑をかけられたのは落研部長の岸。
このままでは岸は始末書を提出しなければならず、しかも大学には
「始末書を3枚書いた者は無条件で退学」という規則があった。
そしてもし岸が退学になるとオチケン部員は2人になり、
これも自動的に廃部になってしまう。
中村から捜査を命じられた越智くんは、
学内のあちこちで不審な事件が起こっていることを知る・・・


「粗忽者のアリバイ」
ファミレスの駐車場に並ぶバイクの群れ。
そのタイヤを次々とパンクさせてる岸の姿を目撃する越智くん。
一方、噺家の松の家緑葉(まつのや・りょくは)が失踪した。
彼は岸とは年齢も同じで入門も同時期。
ゆえに岸に対して一方的なライバル心を持っていた。
そして、緑葉が出演予定のお笑い研究会主催のライブが迫ってきていた。
お笑い研の林原から頼まれて、
緑葉を探すことになった越智くんだったが・・・


日常の謎系ミステリではあるけれども、
大学生のサークル生活を舞台にしたドタバタコメディでもある。
私自身はこんな "濃い" サークル活動の経験はないのだけど、
(越智くん自身はたいへんなのだが)作品中に登場するキャラたちは
実に楽しそうで、読んでいても楽しい。
だからちょっぴり羨ましい気分も味わったよ。

そんな本書の中にあって異彩を放つのは学生部管理課主任・土屋。
四角四面で融通が利かず、規則が服を着て歩いている様な厳格な男。
しかし生徒一人一人のデータを諳んじて見せるなど、
学内の情報はしっかり把握している。
ユルさの極致のようなオチケンとは対照的な人物なのだが
そんな彼が、一瞬だけど人間味を見せるシーンは印象深い。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

宇宙探偵ノーグレイ [読書・SF]


宇宙探偵ノーグレイ (河出文庫)

宇宙探偵ノーグレイ (河出文庫)

  • 作者: 田中 啓文
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/11/07
  • メディア: 文庫
評価:★★☆

 

タイトル通り、様々な惑星で起こる事件を解決する
宇宙探偵ノーグレイの活躍を描く連作短編である。
SFミステリというよりはドタバタコメディに近い。
まあ、作者が作者だけにねぇ・・・


「怪獣惑星キンゴジ」
シャリドマン恒星系第四惑星キンゴジ。
巨大な土着生物(=怪獣)が跋扈するこの世界は、
ジュラシック・パークのように怪獣を観光資源として活用していた。
その「怪獣ランド」で謎の事件が起こる。
そこで飼われている最大生物であるガッドジラのうちの一頭が、
飼育棟の中で首を切断されて殺されていたのだ。
実は殺されたガッドジラには、ある秘密があった。
依頼のために赴いてきたノーグレイは、
捜査のためにとんでもない羽目に・・・
殺人ならぬ殺 "怪獣" 事件。犯人ならぬ犯 "怪獣" を見つけるために
ノーグレイは奮闘する。まあそれはいいんだが
他の怪獣の名前がアギンスラとかマダンとかってのは如何なものか。
ちなみに特撮界で「キンゴジ」といえば、
映画「キングコング対ゴジラ」(1962年)のこと。
キングギドラではないので念のタメ。

「天国惑星パライソ」
惑星パライソにある宗教国家ヘブン。
ここへ移住する者は財産をすべてお布施として寄付する。
さらに脳内に「リング」と呼ばれる装置を埋め込まれ、
これが "十戒" を強制的に守らせるのだという。
さらにこの星には天使にそっくりの土着生物までが飛び回っていた・・・
しかし、犯罪の存在しないこの世界で
続けて3人の人間が殺されてしまう。
ノーグレイはこの世界の意外な秘密を解き明かす。

「輪廻惑星テンショウ」
この惑星テンショウの地表では心霊現象が多発し、
人間がロケットで惑星を離れようとするとなぜか死んでしまう。
植民した人間がこの星の土着生物から知らされたのは、
この星では死んだ人間の "魂" が新生児に転生するということ。
どうやらこの星の持つ特殊な引力圏が、
ここを一種の "あの世" にしているらしい。
ノーグレイは、この星の国家主席に霊的攻撃を仕掛けてくるのは
誰の魂なのかを突き止めることになったのだが・・・

「芝居惑星エンゲッキ」
シキラヅカ星系の惑星エンゲッキは、星一つがまるごと劇場と化していた。
4歳以上の国民はすべて "演劇省" から配布される
脚本どおりに演技しなければならないのだ。
一日かけて脚本を覚え、"稽古場" で演出担当者から指導を受け、
翌日は一日中 "本番" を演じるのだ。
しかも町中には監視カメラを搭載したドローンが跳んでおり、
アドリブは許されない。
しかし、その演劇省脚本統括部の職員が殺されるという事件が起こる。
ノーグレイもまた、捜査にあたって脚本を渡されるが、
もちろんそんなことでは犯人は見つけられない・・・


実はここまでの4編では、ラストで共通してある "出来事" が起こる。
それは何故なのか、どうしてそんなことが可能なのか、
読者は訝しむと思うのだが、
その理由は最終話「猿の惑星チキュウ」で明かされる。


惑星の設定を考えて、事件の内容を考えて、いちおう(笑)ミステリなので
特殊な状況下でのみ成り立つ論理を考えて・・・と、
考えてみるとけっこうな手間である。
かなり割の合わないことなんだけど、これがこの作者の作風なんだよね。

そんな労力を傾けた割に、本書に感動したり感心したりする人は少なそう。
それどころか、あまりの荒唐無稽さに怒り出すような人がいそう、
でもまあ、そういう人はそもそもこの作者の本を手に取らないだろう(笑)。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

マジンガーZ INFINITY [アニメーション]


オリジナルの「マジンガーZ」は、
1972年12月から74年9月まで放映されたTVアニメ作品で
人間が乗り込んで操縦する人型ロボット兵器という概念は
その後の日本アニメの歴史を変えたと言っても過言ではないだろう。
それが45年の時を超え、劇場映画として甦った。

z.jpg
<あらすじ>

かつて世界制服を目論んだ悪の天才科学者Dr.ヘル、そしてミケーネ帝国。
剣鉄也のグレートマジンガーと共に彼らに立ち向かい、
打ち破った兜甲児とマジンガーZ。

その戦いから10年―。

謎の復活を遂げたDr.ヘルは、夥しい数の機械獣軍団と
富士山中に眠っていた超巨大遺跡インフィニティによって、
世界に破滅をもたらそうとしていた。

頼みのグレートマジンガーと鉄也は、熾烈な戦いの中で行方不明となり、
最後の希望となったマジンガーZが、再び立ち上がる・・・


<10年後の世界>

リメイクではなく、TVシリーズの世界を引き継いだ続編である。

兜甲児はパイロットから科学者へと転身し、"新" 光子力研究所の
研究員となっている。
戦いのパートナーだった弓さやかは、なんとその新光子力研究所の
所長になっていた!
そして、前所長であった弓教授は、なななんと!
日本国の首相になっていたのですよ、奥さん!(誰)。

戦いの後、剣鉄也とパートナーの炎ジュンは統合軍に残り
甲児の弟・シローもまた軍人となり、
マジンガーZの量産タイプのロボット・イチナナ式に乗っている。
そしてジュンは鉄也と入籍し、現在は妊娠中で臨月も間近い。

いやあ、みんなしっかり10年の月日を過ごし、
境遇や立場が変わってきている。
変わっていないのは甲児とさやかの仲だけだったりする(笑)。


<どんな作り?>

TVシリーズから数えると45年の年月が流れた。
だからいろいろ変わってるところもあるのだろうけど
観た感じでは、驚くほど旧作の雰囲気を残していると思った。

メカがCGになったのはまあ当たり前だろう。
そのおかげで、ぬるぬる動くこと動くこと。
スピーディで迫力のあふれた戦闘シーンは素晴らしいの一言。
もっとも、ここが本作の売りだからね、力も入るだろう。

マジンガーZの無双振りも外連味たっぷりで
ウンカのように押し寄せる機械獣の群れを
圧倒的な強さで蹴散らしてみせる姿はひたすらカッコいい。
リアリティなんて言葉はこの世界に存在しない(褒めてます)。

キャラは、デザインも作画もヘタに現代的にせず、
旧作の雰囲気をうまく残してリニューアルしている。
特に女性陣がいい。人妻になったジュンも、
ストーリーの鍵を握る少女・リサもいいが
なんといってもさやか嬢の可愛さは絶品だ。

Dr.ヘルは自らロボットに乗ってマジンガーZに戦いを挑むなど
ちょっと体育会系になったかな(笑)とも思うが
彼なりに戦う理由を滔々と語るシーンがあって、
単純な "正義vs悪" の物語ではなく、
"異なる正義(価値観)の戦い" になっているところが
時代の変化を感じさせる。

ストーリー自体は単純なのだけど、
いろいろ背景や設定が複雑になっていて
そのための新キャラがリサという少女。

序盤と終盤では、彼女の台詞がそのまま状況説明になっている。
便利すぎてちょっと都合よすぎな気もするんだが
この作品でそういうところをあげつらうのは筋が違うのだろう。

ロボットアニメで始まり、終盤まで紛れもなくロボットアニメなのだけど
クライマックスはファンタジーっぽくなる。
リサちゃんなんてほとんど魔法少女みたいなノリになってきて
このへんはちょっと好みが分かれるかも知れない。


<声優>

兜甲児を演じるのは森久保祥太郎。
オリジナルの石丸博也とはかなり声の質は異なると思うんだけど
「マジーン、ゴォー!」とか「ロケェット・パァァンチ!!」とかの
叫ぶ声はとてもいい。実際、聞いていて違和感は全く感じなかったよ。
かなり旧作の演技を研究したんじゃないかな。

Dr.ヘル役の石塚運昇も禍々しい雰囲気がよく出ていてGOOD。

アシュラ男爵は朴璐美と宮迫博之。喋るタイミングもぴったりだし、
宮迫も声優ではないけど違和感なくこなしてる。

ブロッケン伯爵は藤原啓治。
1年半ぶりくらいで病気療養から復帰ですね。
クレしんのパパで有名な人なんだけど、
こういう "イっちゃった" キャラをやらせても絶品なんだよね。

剣鉄也の関俊彦はともかく、
炎ジュン役の小清水亜美はねえ・・・宝の持ち腐れ感が半端ない。


<音楽>

音楽は渡辺俊幸氏。オリジナルを担当した渡辺宙明氏のご子息だ。
宮川泰・彬良に続き、親子二代で同一作品を担当ですね。
もっとも俊幸氏ご本人は、お父さんの曲に合わせようなんて気は
あんまりないらしく、水木一郎氏が歌うテーマソングの新アレンジは
なんだか「ゴーゴーファイブ」みたいだけど(笑)。


<どういう人向け?>

私個人は、充分に楽しませてもらった。
迫力のあるアクションシーンは心躍ったし、
マジンガーZ最後の出撃シーンは感涙ものだった。

ところどころ、郷愁なのか何なのかよく分からないが
"謎の感動" (笑)があって、何度か目頭が熱くなったことを告白しておこう。

オリジナルを知る人にとっては、予想外の続編であり
甲児とさやかの仲に決着がつく完結編でもある。
正月映画ということもあって
思わぬ "お年玉" をもらった、というところか。

ただ全て手放しで褒められるかというとちょっと首を傾げるところも。
旧作の雰囲気をよく受け継いでいると書いたが
ギャグシーンもお色気シーンも旧作のままというのはどうか。
ボスボロットがコケるシーンはまだご愛敬で済むが
ビューナスA軍団の登場は、何か意味があったのか?
センスがいささか古いと思うんだが、そう感じるのは私だけ?
まあ、そこも含めてマジンガー世界なのかも知れんが。

オリジナルを観ていた世代の人なら、
本作が楽しめるのはほぼ間違いないと思う。

でも、ガンダムやエヴァンゲリオンみたいな
"リアルロボットもの" で育った世代には
本作からは "荒唐無稽さ" しか感じないかも知れない。
(本作の場合は、その荒唐無稽さこそ "命" なんだけどね)

若い人たちは、本作に対してどんな感想を持つのだろう。

興行作品としては、なるべく広い世代に
観てもらえる作品でないと困るのではないかなぁ。

もっとも、聞くところによると本作は世界展開を考えていて
日本より先にイタリアとフランスで公開済みらしい。
本作のファンは海外にも多いらしいので
国内の興収はどっちに転んでも、
海外からの収益で充分ペイできるのかな?

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第四章 主題歌PV公開 [アニメーション]


第四章公開までいよいよ2週間、また新たなPVが公開されました。

 

なんと主題歌にささきいさお大先生が復活とのこと。
吹奏楽バージョンもいいけれど、
そろそろ歌入りバージョンも聞いてみたかっらからねえ。
ささきいさお版の主題歌はかみさんも大好きなので、
この知らせに大喜びだったよ。


さて、例によってPVを観て、台詞を書き出しながら、
思ったことをだらだらと・・・

ズ「われらはこのまま地球へと向かう」
ザ「○△✕(聞き取れない)師団集結!先に降下した部隊もろとも殲滅」
ゴ「全艦急速回頭、破滅の矢を放て!」
太「テレザード星まで距離50万キロ」
ブースターの回りに取りついているのは空間騎兵隊のパワードスーツ。
このブースター、太陽系での最終決戦あたりで
再登場するんじゃないかって思ってたけど、早かったね。
古「テレザード上陸作戦を開始する!」
新主題歌のイントロに合わせて画面が切り替わる。
めまぐるしくて全部は書けないけど
ちょっと気になったところだけ挙げても
コスモゼロ(積んであったんだね)、コズモダート(再戦ですか)、
タラン弟(どうして登場?そして兄貴は?)、
何かに驚くキーマン(およそ何が起こっても動じなさそうな人なのにね)、
透子と玲の勝負(でも向こうの方が強そう)、
ズ「滅びを定められた哀れな星に」
古「これが、白色彗星・・・」
ヤマトの全周から襲いかかるミサイル、そして
デ「久しぶりだね、ヤマトの諸君」
ガトラン艦隊の中を上昇するヤマト、そして第四章のタイトル
ワープアウトするコスモタイガーⅡ&パワードスーツ隊。
そう、このブースターってワープ機能持ってるんだよね。
古「艦首魚雷、続けて一斉射!」攻撃目標はゴーランド艦隊か。
ズ「とくと見届けるがいい。人間の人間たる所以」
そしてこれは反射衛星砲か。火焔直撃砲といい
ガミラスの技術まるパクりですねガトランさん。
サ「私はサーベラー、唯一の存在」二人分の声がハモってます。
そしてサーベラーの首を絞める大帝。そういう趣味ではないよね(笑)。
永「キツイのを一発ぶちかますよ!」
空間騎兵隊、ようやく反撃の機会を得たって感じですか。
PS1機で敵艦を屠るとは凄い威力なんだが、あんまり活躍させすぎても
別のアニメになっちゃうからなぁ。サジ加減が難しそう。
そしてツヴァルケも発進。
ザ「それまでは、生きる望みを味わわせてもらうぞ、ヤマトよ!」
ちょっと何言ってるのかよく分かりません(笑)
私の聞き取り能力が低いせいですかね。
そしてなにげにこのへんで気づいたが(遅いよねえ)
ヤマトの主題歌は2番の歌詞でしたねぇ。コレは何か意味があるのかな。
テ「ヤマトとは・・・大いなる和?」The Great Harmony ですからね。
島「お前一人の引き金じゃない・・・俺も撃つ!」
ヤマト乗組員の総意、ひいては地球の運命を背負ってのトリガー。
このへんから始まるBGM、いい感じ。
キ「これは、イスカンダルに旅した者が等しく背負う十字架だ。
  自ら呪縛を断たない限り、ヤマトに未来はない!」
60秒ver予告編にもあった台詞。この章のキモになるのか。
そして空間騎兵隊のPSって飛行能力もかなりありそう。
設定では斉藤が急遽こしらえたもののはずだが、高性能過ぎないかね?
土「逃げ場のない、解決しようのないことなら、背負っていくしかない。
  俺も、お前も」
古代を導く存在としての土方の描き方は、
沖田との差別化がうまくいっていると思う。
古「最善の射程を確保し、波動砲を敵艦隊に直撃させる!」
そして「発射ぁ!」


vsデスラー、vsゴーランド、vsザバイバル、
果てには波動砲使用のリミッターが外れるところまで描かれそうで
それに加えて玲vs透子のキャットファイトまで。
第四章は戦闘シーンてんこ盛りの予感。


観ていて気になったのは、主題歌PVとは言いながら
ささきいさお氏の歌声があまり聞こえない気が。
単純に音量が小さいせいかと思うのだけど。

wikiをみたら現在75歳。あと1年ちょっとで喜寿ですか・・・
ジム等に通って身体を鍛えてるらしいけど、それにも限度があろうからね。
身体だけは大事にしてほしいものである。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

怪盗の伴走者 [読書・ミステリ]


怪盗の伴走者 (創元推理文庫)

怪盗の伴走者 (創元推理文庫)

  • 作者: 三木 笙子
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 文庫
評価:★★★

時は明治の末期。帝都東京を舞台に
雑誌記者・里見高広と絵師・有村礼のコンビが活躍する
連作ミステリ<帝都探偵絵図>シリーズ、その第4弾。

とは言っても、今回の主役となるのはレギュラーの二人ではなく、
怪盗ロータスとその捕縛に奔走する東京地裁の検事・安西省吾だ。
3話収録されている、うち2話はロータスと省吾の過去の因縁話。
どちらかというと、シリーズの外伝的な作品集だ。


まずは、怪盗ロータスと安西検事、二人の出会いの物語から始まる。

「第一話 伴走者」
尋常中学校に通う安西省吾は、米問屋で働く少年・蓮(れん)と知り合う。
閉塞的な家庭に束縛を感じていた省吾は蓮の明るさに惹かれ、
やがて親友同士となるが、その二人へ
元治(げんじ)という男から相談を持ち込まれる。
彼の父がかつて持っていた倉の床下に、父の遺産である
金子(きんす)が隠してあるという。
しかし父の死後、倉は人手に渡ってしまい、
今では倉の中には米が積まれている。
倉に米があるうちは金子を取り出すことはできない。
しかし元治がその話をした数日後、なぜか米相場が急騰し始める・・・
少年ながら、蓮が示す才覚はたいしたもの。
もちろん彼は後々怪盗と呼ばれるようになるんだが、
まさに栴檀は双葉より芳し、だ。

「第二話 反魂蝶」
蓮と省吾は、上州の温泉旅館の主人・鹿取と知り合う。
火傷を負ったと称して顔を隠し、香取の宿に泊まっていた伊庭という男。
彼は蝶のコレクターらしく、地元の樵・平蔵から
『山神様の蝶』と呼ばれる珍しい蝶を買ったのだが
その代金を払わずに東京へ帰ってしまったのだという。
しかし、上京してきた鹿取が会った伊庭は、
旅館に現れた男とは背丈が合わず、別人と判明。
"犯人" は本物の伊庭の周辺にいるとみた蓮は、
省吾を相棒に一芝居打つことになったのだが・・・
今回の蓮は探偵役となるのだが、このあたりも本家ルパンを思わせる。
そして彼の変装ぶり、役者ぶりも達者。

やがて時は流れて蓮は怪盗に、
省吾は東京地裁所属の検事にと二人の道は分かれてゆく。

「第三話 怪盗の伴走者」
高広の元に現れた省吾は、自分が
怪盗ロータスの一連の窃盗事件の担当となったと告げる。
そこへロータスが浅草の高層建築「凌雲閣」の
9階にある油絵を盗み出そうとして失敗した、という知らせが入る。
さらに、改めてロータスから凌雲閣宛てに
盗みの予告状が送られてきたとの情報も漏れてくる。
高広は予告日に凌雲閣へやってくるが、
既に入り口の前には取材記者が群れをなしていた。
しかし高広は省吾の伝手で中に入ることができ、
彼と共に油絵の前でロータスが現れるのを待つことになる。
しかし今回、ロータスの真の目的は油絵ではないのだ・・・


とにかく本書はロータスが主役で、高広も省吾も脇役。
礼に至っては出番は高広の半分もないんじゃないかな。
ルパンか二十面相かというくらい劇場型犯罪好みのロータスなんだが
本家に負けず劣らずなかなかの器量を示してみせる。

序盤から彼が打つ手は、すべては自分の思い通りに
事件の舞台をお膳立てするようにはたらいていく。
つまり戦術家ではなく、戦略家なんだね。

さすがの高広も、そこまでの行動力や物事を動かす権力までは
持ち合わせていないわけで、正面切って太刀打ちするのはたいへんそう。
唯一の対抗策は、高広が父親と手を組むことなんだろうが
流石にそこまではやらなそう。

今後もシリーズが続くとして、いつの日か
高広がロータスを捕まえるなんて日は来るのだろうか?

nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:
前の5件 | -