So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

南極点のピアピア動画 [読書・SF]


タイトルにある「ピアピア動画」とは、
ネット上にある動画投稿サイトのこと。
もちろん「ニコニコ動画」がモデルだ。

表紙の女の子は、ボーカロイドの「小隅レイ」。
こちらは「初音ミク」がモデルなのはもう一目瞭然だね。

なんだかいかにも「パチモン」で胡散臭い。
そんなことを感じる人がいるかも知れないが、本作は
発達したネットによって、未来における宇宙開発が
どう変貌していくかを描いた連作短編集。
至って真面目で正統的なSFだ。

「南極点のピアピア動画」
彗星が月面に衝突し、大量の粉塵が舞い上がったために
月探査計画は "煙が晴れる" まで凍結されてしまう。
日本の探査計画に関わっていた大学院生・蓮見の夢もまた潰え、
恋人・奈美までも彼のもとを去ってしまう。
しかし、月面から放出された膨大なガスが地球へ降り注ぎ、そののち
両極から宇宙へと吹き出す "双極ジェット" を形成することが判明する。
これを利用すれば高度3000kmの宇宙空間へ到達できる。
蓮見は、「宇宙男プロジェクト」を立ち上げ、
二人乗りの宇宙機(もちろん奈美と乗るつもり)の製作を宣言、
「ピアピア動画」に決意表明の動画をアップする。
やがて彼のもとに、ネットを通じて
協力・支援を申し出てくれるメンバーが集まり始め、
プロジェクトは一気に動き始める・・・

「コンビニエンスなピアピア動画」
コンビニ・ハミングバード二本木店でバイトする美穂は、
ピアピア動画技術部の桑野と知り合う。
ある日、店頭の真空殺虫機を掃除していた美穂は
やたらと丈夫な糸を吐く蜘蛛を発見するが、
桑野はその蜘蛛の意外な利用法を発案する・・・
田舎のコンビニから始まった話が、
壮大な宇宙開発につながるという意外な展開に。
冒頭からこのラストは想像できないよ、ほんと。

「歌う潜水艦とピアピア動画」
音で "会話" する鯨に対して、こちらも音を発して反応を見る。
海洋生物の研究者・中野は、潜水艦を使っての
鯨の行動調査を発案するが、あえなく却下される。
しかし諦めきれない彼は、鯨に対して発声する部分を
ボーカロイド「小隅レイ」に歌わせ「ピアピア動画」に投稿したところ、
なんと自衛隊からオファーが来る。
退役してスクラップになるはずだった潜水艦かざしおの武装を外し、
国民的人気を誇る「小隅レイ」を "搭載" して鯨と "対話" させれば、
自衛隊のイメージアップになるという奇特な司令官が現れたのだ。
探査船となったかざしおは順調に鯨たちと"対話"を重ねていくが
やがて、とんでもないものと遭遇してしまう・・・

「星間文明とピアピア動画」
これは「歌う-」の直接の続編となっている。
かざしおが出会ったのは、数万年前に地球に飛来し、
海底に眠っていた地球外文明の "自動探査装置"、
要するにロボット探査機だった。しかもナノマシンを用いて
自らを作り替えることも、増殖することも可能だった。
"ファースト・コンタクト" によって
「小隅レイ」の外見をまとうことを決めた "探査機" は、
自らを「あーや」と名乗り、大量に複製を作りながら
地球人の中に入り込んでくるが・・・
表紙にあるような女の子が、街中をぞろぞろと
歩き回るような光景が出現するわけなんだが、
決して "萌え" ばかりではないので、誤解なきよう(笑)。
読んでいて、ジャック・ウィリアムスンの『ヒューマノイド』を
想い出したり、アシモフのロボットもの連作を想い出したり。
ネットや動画投稿サイトなど、でてくるガジェットは今風なんだけど
読んでるとなんだか昔SFを読み始めた頃のワクワク感が。
ラストで人類が宇宙へ進出する足場を得て終わるところは
古き良きSFの時代を彷彿とさせ、なんだか懐かしくて心温まる。

nice!(2)  コメント(0) 

図書館の魔女 烏の伝言 上下 [読書・ファンタジー]


長編ファンタジー『図書館の魔女』の続編だ。

多島海に面する王国「一の谷」。
前作の主人公である<図書館の魔女>ことマツリカと、
その側近くに使える少年・キリヒトの属する国でもある。
海を挟んだ西側には「アルデシュ」、北に位置する帝国「ニザマ」。

「ニザマ」帝国の宰相・ミツクビの暗躍により、
「アルデシュ」は「一の谷」領への侵攻を企てる。
さらにミツクビは「一の谷」内部の有力者たちにも切り崩しをかけ、
野望達成の障害となるマツリカを抹殺するための刺客まで放ってきた。

ミツクビの陰謀に対抗し、「一の谷」を守るべく奮闘する
マツリカたちを描いたのが前作だった。

本書の物語は、前作の終了からさほど間がない頃に始まる。

前作のラストに於いて、国を二分する混乱に陥った「ニザマ」帝国。
非主流派に転落した者たちは、続々と国外への脱出を始めていた。

高級官僚の姫君・ユシャッパも、そんな者たちの一人。
少人数の近衛隊に守られ、雇った剛力(ごうりき)たちと共に
尾根道を越えて港町・クヴァングヮンにたどり着いた。
ここから海路で国外へ脱出するはずだった。

密かに逃亡を支援している郭(くるわ)にたどり着いた一行だが、
そこはすでに裏切り者の巣と化していた。
近衛隊の多くは命を落とし、ユシャッパは囚われの身となってしまう。

港町・クヴァングヮンには無数の運河が張り巡らされ、
干満の差によって生じる暗渠はさながら迷路のよう。
そこを根城にして暮らすのは、戦火で親を失った孤児集団「鼠」。

辛うじて生き残った近衛兵たちは、「鼠」の力を借り、
剛力たちとともに姫の奪還を目指すが・・・


近衛兵、そして剛力たちをメインにストーリーが進む。
前作同様、多くの人物が登場するが
みんなしっかり書き分けられてキャラが立ってるのはたいしたもの。

この手の「囚われのお姫様救出もの」は、
そのお姫様に魅力がないと盛り上がらないのだけど
ユシャッパは堂々の合格点だろう。

年齢は明記されないのだけど、たぶんマツリカとあまり変わらない
10代後半くらいかと思われる。
心優しいけれど気丈で、教養にあふれ、聡明で機転が利く。
下賤のものとも分け隔てなく接するなど、好感度も抜群。

例えば剛力の一人・エゴンは、まともに言葉を発することができない。
そのため仲間と離れ、もっぱら烏とともに過ごしているのだが
ユシャッパはそんなエゴンにも興味を抱き、親愛の情を示す。
そしてそれが、後半になると重要な "伏線" となって生きてくるのだ。

物語自体も堅牢な作り。
郭を牛耳る "裏切り者" たちの行動に

不審な部分もあったりと、実はあちこちに
様々な "伏線" が仕込んであり、
下巻に入るとそれらが綺麗に "回収" される。
つまり、よくできたミステリ並みに "構成" が綿密に行われていて、
ストーリーが実によく計算されている。もう脱帽です。


『図書館の魔女』の続編のはずなのに、
いつまで経ってもマツリカもキリヒトも登場しないので
フラストレーションが溜まる人もいるだろう。私もそうだった(笑)。

もっとも、「あれ?このキャラはあの人じゃないの?」ってのが
一人だけ出てくるんだけどね、それもけっこう早い時期に。

マツリカさんの登場には、下巻まで待たなければならない。
前作の記事にも書いたけど、
「博覧強記だけど傲岸不遜で偏屈者のマツリカさん」は今作でも健在だ。
彼女の毒舌を聞いているとだんだん嬉しくなってくる(えーっ)www。
すっかりマツリカさんのファンになってたんだねえ、私。

前作では「一の谷」から始まり、舞台は「ニザマ」へ移り、
さらには西大陸の奥深くまで移動していくなど
空間的なスケールが大きかったんだけど
本作では、物語はほぼ港町・クヴァングヮン内でのみ進行する。
そして全体からすればマツリカさんの登場する割合はわずかなど
「本編の続き」というよりは「外伝」的意味あいが強いかな。

でも、次作では(たぶん)マツリカとキリヒトの話を
がっつり描くのだろうし、その背景となる
「ニザマ」の混乱の様子を描いておくという意味もあったのだろう。

そして本作での新登場キャラのうち、
何人かは次作以降にも出演するのではないかな。
個人的には、ユシャッパさんにはぜひ出ていただきたい(笑)。

そういう意味では、やっぱり読み逃してはいけない作品なのだろう。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

アケルダマ [読書・SF]


アケルダマ (新潮文庫)

アケルダマ (新潮文庫)

  • 作者: 田中 啓文
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

タイトルの「アケルダマ」とは、新約聖書によると
キリストを裏切ったユダが死んだ土地がそう呼ばれたとのことだ。

2年前に両親が離婚し、父親に引き取られた転昆巴(ころび・ともえ)。
牧師である父がN県にあるド田舎・織部村へ赴任するのに伴い、
現地の高校へ転校した。しかしその直後に父は急死してしまう。

寮で一人暮らしをすることになった巴は、
早く学校に馴染もうと生徒会へ入るのだが、
入会の手続きからして秘密結社への加入みたいに怪しげな雰囲気で、
やたら高圧的な会長と彼に絶対服従の役員たち、と胡散臭さがぷんぷん。

どうにも学校に居場所を見いだせない巴だが、
そんなある日、登校途中で沢田瞬(さわだ・しゅん)と再会する。
巴が転校前にいた学校の同級生で、いわゆるオカルトマニアだった。
彼の入手した昭和初期の古い研究誌に、
「キリストの墓がN県織部村にある」と記してあったという。

巴はしばしば夢の中で誰かの "声" を聞いていた。
そして、その "声" に従って生徒会からの命令を破った時、
巨大蝙蝠などの "怪物" が襲いかかってきた。

そして巴は "声" の正体を知る。
"声" の主はなんと2000年前に死んだはずの「ユダ」だという。
つまり彼女は「ユダ」の魂だか霊だかを憑依させることができるのだ。

「ユダ」によると、彼以外の使徒達はみな "生きて" いて
日本に眠る「キリスト」の "復活" を画策している。
そして「キリスト」が甦ったとき、世界は地獄に変わるという・・・


そして巴は、"ユダ" そして瞬を協力者に得て、
使徒達の陰謀に立ち向かっていく、というお約束の展開。

その使徒達というのがまさに「これぞ秘密結社」という典型。
そしてキリストの「墓地」がある織部村、
その現地における下僕である生徒会役員たちは
ほとんどショッカー戦闘員みたいな扱いである(笑)。

多彩なキャラが登場するが、ピカイチは巴の母・エチだろう。
自由奔放で男好き、家庭を飛び出して東京でスナックを開く。
それでいて沖縄拳法の達人、という
なんだかよくわからないけど凄い人(笑)。

巴もその薫陶よろしく腕に覚えがある身なわけで、
守られるだけの凡百のヒロインとはひと味違う。
まあ田中啓文の作品にまともな主人公が登場するはずもないか(笑)。

沢田瞬の父も、エチに負けないくらい凄い人なんだけど
これは終盤の展開に関わるのでここには書かない。

ストーリーだけ見れば直球ど真ん中、堂々の伝奇小説なんだが
読んでてなぜか笑いが出てくるのも、この作者ならでは(褒めてます)。

巴と瞬が恋仲になりそうでならないのも、それはそれで楽しい(えーっ)。

文庫で700ページの大長編なんだが、途中でダレることもなく、
最後までサクサク読める。リーダビリティも抜群。
作者と波長が合う人なら、楽しい読書の時間が過ごせるだろう。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:

クラーク巴里探偵録 [読書・ミステリ]


クラーク巴里探偵録 (幻冬舎文庫)

クラーク巴里探偵録 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 三木 笙子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/02/06
  • メディア: 文庫
評価:★★★

時は日露戦争が終結して間もない頃、
山中晴彦はヨーロッパを巡業中の曲芸一座に転がり込んだ。
家事一切を引き受けることを条件に
一座の敏腕番頭・片桐孝介と同居をはじめることに。
そんな二人が、パリを舞台に起こる事件を解決するべく
奔走する姿を描く連作ミステリ。
探偵役が孝介で、晴彦はワトソンの役回りだ。

「第1話 幽霊屋敷(メゾンアンテー)」
一座の座長に、贔屓筋から相談を持ち込まれる。
座長に頼まれた晴彦と孝介とは、資産家であるデュボア氏の屋敷へ。
息子ジュリアンの部屋に幽霊が出るという。
バラバラと物を叩きつけるような音がして目覚めると
部屋の中に無数の小石が散らばっていた・・・

「第2話 凱旋門と松と恋」
日本大使館員の本多が住んでいる下宿のマダム・クラリスが
妙な男につきまとわれているという。男の正体に迫るため、
美しき未亡人クラリスの過去について調査を始めた晴彦と孝介は、
彼女の夫を看取った医師が死亡していたことを知る。

「第3話 オペラ座の怪人」
晴彦に「面白いものを見せてやる」といって孝介が案内したのは
アパートの3階にある舞台美術家ガルニエ氏の部屋だった。
そのアパートで10万フランの現金盗難事件が起こる。
しかし入り口には二人がいたため、犯人の逃げ場はなかったはずだが
建物の中に犯人の姿は見当たらない・・・

「第4話 東方の護符」
晴彦がヨーロッパに来て孝介に接近したのには、ある目的があった。
第1話から第3話にかけて少しずつそれが明かされてきて
この最終話で決着を見るのだが、晴彦は基本的に善人なので、
密かに孝介を裏切っていることに良心の呵責を常に感じ続けていた。
約束された報酬と孝介との友情。その間で板挟みになり苦しむ晴彦。
そしてすべての "事情" を知った孝介がとった行動は・・・

ミステリではあるが、メインとなるのは
パリに住む人々の暮らしぶりであったりする。
多彩な登場人物の言動を通して、当時の "花の都" の様子が描かれる。

そしてなにより晴彦と孝介。共に積み重ねた時間と、
事件を解決してきた経験が二人の絆を紡いでいく。
いつ見ても不機嫌そうな孝介だが、内に秘めた優しさと強さが
最終的に晴彦を救うことになる。

ラストシーンで晴彦はパリを去り、日本へ帰ることになるが
後日、再びパリに戻ってくることが示唆されて終わる。
つまり、二人の探偵譚は今後も続くということだ。


そして、続編である『露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2』も
既に刊行されており、実は手元に持っている。
これも近々読む予定。

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:

機龍警察 [完全版] [読書・SF]


機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 月村 了衛
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/05/09
  • メディア: 文庫
評価:★★★★

大量破壊兵器が衰退し、テロが蔓延する近未来。
それに伴い発達した人型近接戦闘兵器・機甲兵装。

警視庁特捜部は、最新鋭の機甲兵装<龍機兵>を3機導入、
そのパイロットとして3人の傭兵と契約する。

閉鎖的、保守的な警察組織はそんな<龍騎兵>に対して
強烈な拒否反応を示し、特捜部は孤立を強いられながらも
凶悪な事件に対峙していた。

ある日、3機の機甲兵装を使ったテロ事件が発生する。
犯人グループは多くの犠牲者を出しながら地下鉄千田駅構内に突入、
ホームに止まっていた電車の乗客を人質にとって立て籠もった。

特捜部の<龍騎兵>3機は、警視庁のSAT(特殊急襲部隊)とともに
現場へ向かうが、そこには恐るべき罠が仕掛けられていた・・・


旧来の思考に囚われた警察組織と、
時代の最先端の<軍用兵器>をもつ特捜部との確執。
機甲兵装を用いて引き起こされる、近未来における壮絶なテロ事件。
そして主役メカである<龍騎兵>の活躍。

読みどころがてんこ盛りの傑作エンターテインメントだ。


登場するキャラクターも多彩だ。
特捜部への協力を拒む旧弊な警察組織と渡り合いながらも、
捜査の手を緩めない特捜部長・沖津旬一郎。
<龍騎兵>パイロットとして契約した3人の傭兵たち。
日本人傭兵・姿俊之、ロシアの警察官出身のユーリ・オズノフ、
そして元テロリストのライザ・ラードナー。
そしてある理由からライザを憎む<龍騎兵>技術班主任・鈴石緑。

3人のパイロットたちも様々な過去を抱えている。
第1作である本書では姿俊之の過去の一端が語られるが
それが単なる思い出に留まらず、現在進行中の事件にも絡んでくる。


機甲兵装のイメージは往年のTVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」に
登場する人型機動兵器AT(Armored Trooper)に近いだろう。
そして主役メカたる<龍騎兵>には、
短時間だが超絶的な高機動を可能にする「DRAG-ON」モードが
搭載されているなど、ロボットアニメ的な外連味も充分。

 V-MAXを備えたスコープドッグみたいなもの、って書いても
 分からない人は多いだろうなあ・・・(笑)。

あるときは重厚に、あるときは電光石火の如く変幻自在に敵を翻弄する。
<龍騎兵>の戦闘シーンになると、ページを繰る手が止まらない。
"その手" のお話が大好きな人(私もだが)も充分に楽しめる。


本書は2010年に刊行されたシリーズ第1作『機龍警察』に
加筆・修正を施したもの。

実は当時、この作品を読んでいて記事に挙げてる。
内容はあんまり褒めてない(笑)。
でもこのシリーズは大ヒットし、作者のブレイクのきっかけとなった作品。

今回改めて読んでみたけど、細部の描写が変わっただけで
ストーリーの骨子は変わってないのに、驚くほど面白く感じられた。
いやあ不明の至りを反省します。


第2作『機龍警察 自爆条項』も[完全版]が出ていて
実はもう読了してる。
こちらではライザと緑の過去が明かされ、
二人の間の葛藤がストーリーの根幹となっている。
こちらも傑作だ。近々記事に書く予定。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:
前の5件 | -